旅行・レジャー

耳寄りな話題

梅田スカイビル It's Cool! 外国人 年25万人が空中散歩

2014/3/30

 大阪・梅田の高層ビル「梅田スカイビル」の展望台を訪れる外国人観光客が急増している。2013年は前年の2.5倍の25万人が来場し、過去最高を記録した。ビルは映画館、飲食店を備えた定番のお出かけスポットだが、開業したのは21年前。なぜ今になって人気が出たのだろう。

 ビルを目の前にすると、まず奇抜なデザインに驚く。並んで立つ40階建ての高層ビル2棟が最上部でつながり、連結部分が展望台「空中庭園」になっている。39階で受け付けをすませ、空中に浮いた長さ約40メートルのエスカレーターに乗る。左右、天井はガラス張りで外が丸見え。足がすくむ。

◇            ◇

奇抜なデザインが外国人観光客に人気(大阪市北区)

 「Cool!(格好いい)」。背後の声に振り返ると男性の3人連れ。21歳の米国人は「(旅行サイト)『トリップアドバイザー』で興味を持った」と話す。「空を飛んでいるみたい」と興奮気味に景色をカメラに収めていた。

 その先の展望台は屋外にあり、円形の回廊。淀川や大阪湾、梅田のビル群などを一望できる。中央は丸くくりぬかれていて、はるか下の地面がのぞく。この日は午後4時から1時間で、ドイツやスイスなどから5組の観光客。イスラエルから35人の団体も訪れた。

 評判通りだが、何があったのか。ビルを運営する積水ハウス梅田オペレーション(大阪市)に疑問をぶつけると、「08年に英紙『タイムズ』で『世界を代表するトップ20の建物』として掲載されたのがきっかけです」。ギリシャのパルテノン神殿、インドのタージ・マハルなどの世界遺産と共に日本で唯一選ばれ、「スリリングでアドレナリンが出る」「四方八方が見渡せ、行く価値がある」と絶賛された。

 世界的に有名な英国の旅行ガイド「ロンリープラネット」でも「大阪で最もドラマチックな近代建築」「未来の凱旋門のよう」と書かれ、「必ず行くべきだ」の星印付きで紹介されている。これらが口コミで広がり、ブームになったようだ。

 国際観光振興機構(JNTO)によると、この2、3年、交流サイト(SNS)が旅行者の意思決定の決め手になってきたという。大阪観光局(大阪市)でも「数年前から『パワーブロガー』と呼ばれる影響力の大きいブログの書き手を呼び、大阪を案内しています」と外国人観光客誘致担当が明かす。「レトロな雰囲気の『中崎町』に目を付けて情報発信したところ、韓国で中崎町ブームが起きた。想像以上です」と話す。

旅行・レジャー