MONO TRENDY

  • クリップ

デジモノNAVI

7型タブレット、「4大用途」使いこなしの要諦

 

2013/2/7

 一般的な10型画面のタブレット端末より一回り小さい、7型画面のタブレットに人気が集まっている。毎日持ち歩いても負担にならないほど軽く、スマートフォン(スマホ)より画面が広くて使いやすいのがメリット。2万~3万円で買える製品が多いのも魅力だ。7型タブレットで人気の2機種「Nexus 7」「iPad mini」を例に、「予定表・連絡先」「ビューワー」「地図/ナビゲーション(ナビ)」「電子書籍」といった「4大用途」について、必ずおさえておきたい使い方のポイントを紹介する。

【予定表・連絡先】 複数カレンダーの同時表示で効率アップ

 最近は、手帳の代わりにパソコンやスマホで予定や連絡先を管理する人が増えている。「Googleカレンダー」など、オンラインの予定表サービスと連携させておけば、さまざまな機器で予定を確認できる。仮に機器の紛失や故障があっても、データはクラウドに残るので安心感がある。

 入力済みの予定を確認するだけならスマホでもよいが、外出先で予定を入力するなら、画面が広いタブレットの方が便利だ。キーボードや手書き文字入力が使いやすいし、週間予定を表示しながら月間カレンダーを表示できるなど、一覧性も高い(図1)。

  • 図1 Nexus 7で、「Googleカレンダー」とAndroid標準搭載の「連絡帳」を表示した。カレンダーでは、週間予定表と1カ月分のカレンダーを並べて表示できる。また、最近の予定をホーム画面に表示するウィジェットも利用できる

  • 図2 アプリを入れ替えれば、手帳としての見栄えや使い勝手を変更できる。左はAndroid用の「ジョルテ」(開発:ジョルテ)、右はiPad用の「スケジュールストリート」(開発:エレコム)

 これに対して、スマホの人気機種であるGALAXY S III(SC-06D)で同様の表示をしたところ、一画面で表示できるカレンダーは一種類だけで、ウィジェットに表示できる予定も少ない。iPhoneの標準アプリだと、縦向きでは週間予定を表示することもできない。

 アプリを替えれば、見栄えや使い勝手を変えられる。この点はスマホと同じだ(図2)。

■iPadはiCloudも使える

 Nexus 7などAndroid(アンドロイド)搭載タブレットの場合、標準の「連絡帳」アプリに書き込んだ連絡先は、自動的にGmailの「連絡先」と同期する。一方、iPadシリーズの場合は、アドレス帳データを共有する「CardDAV」という仕組みを利用するための設定が必要になる(図3)。

  • 図3 Gmailのアカウントを設定していれば、GoogleカレンダーとiPadを簡単に連携できる。さらにGmailの「連絡先」も同期するには、iPadで「設定」画面を開き「メール/連絡先/カレンダー」→「アカウントを追加」→「その他」を選び、「CardDAVアカウントを追加」を選んで設定する

 iPadシリーズは、Googleのサービスではなく、アップル独自のWebサービスである「iCloud」に予定や連絡先を登録することもできる。iPadで入力した予定は自動的にiCloudと同期し、パソコンからWebブラウザーなどで確認できる。また、パソコンの情報管理ソフト「Outlook」に入力した予定や連絡先を、自動的にiCloudと同期させ、iPadで見ることも可能だ。

  • クリップ

MONO TRENDY新着記事