フード・レストラン

おでかけナビ

最強の土産スポット 浅草駅ビル「エキミセ」の素顔

2012/12/1

浅草駅ビルは2012年5月に外観をリニューアル。建設当時のネオ・ルネッサンス様式を再現したという

 2012年11月21日、浅草駅ビルに新しい商業施設「エキミセ」がオープンした。

 ビルの4階から7階に雑貨やファッション、レストランなど52店舗が新たに開業(地下1階、1階、3階はビル開業当時から営業している百貨店「松屋浅草」が引き続き営業を行う)。同ビルは5月に外観をリニューアルしており、今回がグランドオープンとなる。

■今治タオルから相撲・忍者グッズまで、和雑貨が充実

 新たに開業したフロアには若い女性向けファッションや生活雑貨の店をはじめ、家電量販店「ノジマ」や手芸専門店「ユザワヤ」など、これまで浅草駅エリアになかったテナントをバランスよく集めた印象だ。

 注目すべきはなんといっても7階フロア。まず「EAST-TOKYOマーケット わのいち」と名付けられたエリアには今治タオルや帆布バッグ、全国の伝統工芸品など、日本のものづくりに焦点を当てたショップが並ぶ。下町の中心地であり客の年齢層が高いのに加え、東京スカイツリーに近接するターミナル駅でもあることから、土産にもなる和雑貨を充実させているのだろう。

 面白いのは、忍者・戦国グッズを扱う「忍屋」と相撲グッズの専門店「好角家」。特に忍屋は手裏剣や刀といった忍者・戦国グッズだけでなく、紙幣をデザインしたタオルなど修学旅行の土産を思わせるジュークグッズも多数あるのだが、オープン日にはなぜか地元住民と思われる大人たちでにぎわっていた。

忍者・戦国グッズを扱う「忍屋(しのびや)」には手裏剣や刀が並ぶ
「手裏剣投げ」のコーナー。店員も忍者

紙幣をデザインしたタオルや小判など、修学旅行の土産的なグッズがなぜ売れていた
相撲グッズ専門店「好角家」。ちなみに好角家(こうかくか)は相撲通・相撲ファンという意味
今治タオル専門店「今治極上手巾 伊織」

帆布バッグ専門店「日乃本帆布」
全国の伝統工芸品や特産品を集めた「日本百貨店」
和テイストのファッション雑貨を扱う「Biwa かれん」

デニム地を使った着物が印象的な「Caren…nest」
北海道の人気商品を集めた「北海道ごろごろ」
「北海道ごろごろ」ではラーメンを生地で包んだ「札幌ラーメンまん」やスープカレー、コロッケなども販売

フード・レストラン