WOMAN SMART

  • クリップ

ライフスタイル

恋はなくても平気 増える女性の「恋愛離れ」

 

2013/8/30

 シングル女子の「彼ナシ率」が上がる一方、なかなか恋に夢中になれない…という人も増えています。その背景にはいったいなにがあるのか? 働く女性の恋愛「低温化」の理由について専門家の意見を聞きました。

■自分から恋愛を遠ざけている可能性も?

 「周りに好きになれる男性がいない」「年齢を重ねるにつれ、恋に消極的になってしまった」…。様々な理由で恋愛から遠ざかっている低体温恋愛女子も少なくない。月刊誌「日経WOMAN」が実施した読者アンケートによると、「あなたの恋愛観は?」という質問に対し、「恋愛がなくてもやっていける」を選んだ人が3割を超えた。

 その理由を、マーケティングライターの牛窪恵さんは、「恋愛で傷つくのはしんどいと思うあまり、異性とも距離を置いたり、深くコミュニケーションをとることを避けたりしてしまう人が増えている」と分析する。

 また、「働く女性は、仕事や人間関係で強いストレスを感じていることも多い。恋愛よりも、心身を休めたり、自分を癒やしたりすることのほうが大切になっている人も少なくない」と社会学者の山田昌弘さん。

 「でも、本当に恋愛したくないと考えている女性は少数派では?」と指摘するのは精神科医の名越康文さん。「感情や欲求を無意識に抑え、結婚につながる合理的な出会いだけを求めるあまり、気持ちを大切にする恋から遠ざかっている女性も少なくない気がします」

 以下では、専門家3人による働き女子の恋愛離れに関する見解を紹介。パートナーがいる人もいない人も、自分の恋愛観を見つめ直すヒントにしてみてはどうだろうか。

………………………………………………………………………

恋愛は趣味同然… 「あってもなくてもOK」層が増加

中央大学文学部教授 山田昌弘さん

 20年ほど前は、恋愛の延長線上に結婚があり、収入や生活レベルの高い男性との結婚によって、女性は「生まれ変わり」や「上昇」を経験できました。しかし、今は、それをかなえられる男性を望むのは難しい時代になっています。冷静に損得を考えると、男性にときめくメリットも感じなくなっているのです。

 そうなると、恋愛はあってもなくてもいい「趣味」のような存在。ときめく恋愛と結婚とはもはや別物。男性を見てドキドキしたいなら、バーチャルでも十分満足できる。そこで気が済んでしまう人もいます。

 また現代の女性が仕事に力を注ぐなか、結婚には、癒やしや安定感を求めるようになりました。多少地味でも優しく尽くしてくれる男性のほうがいい。自分を理解し、安心感を与えてくれる男性を必要としているのです。

 専門は家族社会学。「パラサイト・シングル」「格差社会」「婚活」などの言葉を世に浸透させたことでも知られる。『絶食系男子となでしこ姫』(共著、東洋経済新報社)、『婚活症候群』(共著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)など著書多数

  • クリップ

WOMAN SMART新着記事