マネー研究所

  • クリップ

マネー女子力

消費税が上がる前に買うべきもの、すべきこと

 

2012/6/29

 いよいよ消費税の増税が事実上決定しました。2014年4月に8%、3年後の2015年10月には10%になる見込みです。今、何を買うべきもの、買ってはいけないものはなにか? 増税前にやっておくべきことは? 消費税がアップしても損しない方法、教えます。

 2012年6月26日の衆議院本会議で消費税率を2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げる消費増税法案が可決され。事実上消費税の増税が決まった。この影響を避けるために「増税前に家や自動車など、まとまった買い物をしなきゃ損」と考えている人も多いのではないだろうか。

増税前の衝動買いはNG 住宅、自動車も要検討

 しかし、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんは「増税を意識しすぎるのはNG。自動車や住宅も増税前に購入すれば必ずしもお買い得というわけではありません」という。

 実際に97年に消費税が3%から5%へとなる直前にも自動車や住宅の購入者が急増。販売店は価格をあまり下げずに売ることが多かったという。しかし増税後、需要が落ち込み、買い手市場へと一転。増税前より安く手に入るケースもあったほど。

 「家電や自動車など一般的に値引き販売される商品は、増税後に購入するほうがおトクかもしれません。需要が落ち込むため、価格が下落する可能性が高いです。一方、たとえ需要が落ちこんでも、値引きされないブランド品などは増税前に買ってもよいでしょう」(第一生命経済研究所の永濱利廣さん)。増税のタイミングは政局次第。増税に関するニュースをこまめにチェックして。と同時に消費税の知識を蓄えて、間違いないお金の使い方を心がけよう。

  • クリップ

マネー研究所新着記事