MONO TRENDY

  • クリップ

デジモノNAVI

スマホ・PCの大掃除 画面の「手あか」どう落とす?

 

2013/3/30

 春の異動シーズン。転勤や部署替えなどで、会社や自宅で身辺整理をしている人も多いだろう。この機会に、日ごろヘビーに使っているスマートフォン(スマホ)やパソコンもきれいにして、心機一転を図りたい。スマホ、パソコンの賢い「掃除術」を紹介する。

【スマホ編】 画面掃除グッズが続々登場

 スマホやタブレットは、タッチ操作が主体で軽快に操作できる半面、指紋が付着して画面がすぐに見づらくなってしまうのが泣き所だ(図1)。こうした悩みを抱えるユーザーが多いのか、最近は各メーカーから携帯機器向けの画面掃除グッズが多数登場している。

図1 スマホやタブレットは、タッチ操作が主体のため、手の皮脂が画面に付着しやすい
図2 サンワサプライのスマホ専用クリーナー「CD-CCST1」シリーズ(実勢価格は約500円)。右のように本体に貼り付けられるので、汚れたときにすぐに使える
図3 キングジムのタッチパネル向けクリーナー「iコロコロ」(実勢価格は約1100円)。ローラーを転がすだけで画面の皮脂汚れを除去できる

■画面用のコロコロも

 ここ1~2年に登場したスマホは特殊な強化ガラスを使っており、画面をティッシュペーパーなどで拭いても傷は付かない。画面の汚れを拭くためにティッシュペーパーをいちいち出すのが面倒な人にお薦めなのが、サンワサプライの「CD-CCST1」シリーズ(図2)。スマホに貼り付けられるクリーナーだ。切り込み部分を折り曲げると、簡易的なスタンドにもなる。

 キングジムの「iコロコロ」は、ローラータイプのクリーナー(図3)。ローラーの表面部分が粘着テープになっていて、ほこりや指紋を転がすだけでさっと除去できる。同社は、タブレットに最適としている。机や居間などよく使う場所に常備しておくと便利だ。

■指紋の防止にはタッチペン

 いくら拭いても画面の汚れが気になるユーザーには、指紋そのものを防ぐグッズもある。エレコムの「P-WX1」は、液体タイプの洗浄ワックスだ(図4)。付属する専用の布に付けて画面を拭くと、汚れを落としつつ、指紋の付着を防止する。抗菌作用もあるという。

図4 エレコムの「P-WX1」(実勢価格は約800円)は、画面の汚れを落としつつ、皮脂の付着を防ぐという洗浄・抗菌ワックス
図5 液晶保護フィルターの中には、指紋防止タイプの製品もある。通常の液晶保護フィルターよりも皮脂が乗りにくくなる
図6 サンワサプライの「PDA-PEN34SV」(実勢価格は約1500円)は、ストラップ型のタッチペン。指で画面に触れなくても操作できる

 スマホ向けに販売されている液晶保護フィルターの一部に、「指紋防止タイプ」の製品もある(図5)。価格は通常のタイプに比べて300円程度高い。指紋防止タイプを利用しても、指紋の付着を完全に防げるわけではないが、通常のタイプよりも指紋が目立たなくなるのは確かだ。なお、上記のP-WX1も効果は同様である。

 指紋の防止には、スマホ向けのタッチペンを利用するのも手だ。タッチペンなら画面に触れずに操作できる。サンワサプライの「PDA-PEN34SV」は、ストラップタイプの製品(図6)。スマホのイヤホン端子に取り付けるので紛失しにくい。操作性が向上するのも魅力で、表示が小さな部分でも、指先で操作するより正確にタップできる。

  • クリップ

MONO TRENDY新着記事