MONO TRENDY

  • クリップ

デジモノNAVI

パソコンの怪現象 よくある「困った」を解決

 

2013/1/2

 パソコンの使い勝手や見栄えなどが、いつの間にか変わったという「怪現象」に遭遇したことはないだろうか。パソコンの調子が悪いのか、それとも誰かのいたずらか――。その場は何となく解決したつもりになっていても、再発するかも知れず、心にもやもやは残ったまま。でも、不可思議に見える怪現象にも必ず理由はある。パソコンユーザーが遭遇することの多い怪現象を、「Windows編」と「インターネット編」に分けて解明する。

【Windows】 勝手な設定変更やウイルスの混入に注意

■事例1: 覚えのないソフトがいつの間にか入っている

  • 図1 知らずにインストールされる可能性があるソフトの例。WebブラウザーのChromeがインストールされて、通常使うブラウザーに設定されていることがある(左)。既にインストールされているInternet Explorer(IE)にアドオン(ツールバー)が追加されていることもある(右)

 覚えのないソフトが、勝手にインストールされているといった怪現象が後を絶たない。例えば最近では、Webブラウザーの「Chrome」が、いつの間にかインストールされたという事例がある(図1)。Internet Explorer(IE)など、既にインストールされているWebブラウザーに、覚えのないアドオン(ツールバー)がインストールされることもある。

 覚えのないソフトは、別のソフトにバンドル(同こん)されていた可能性がある。例えば「Adobe Reader」や「Flash Player」などをインストールすると、バンドルソフトとしてChromeやGoogleツールバーがインストールされることがあるのだ(図2)。

 Adobe Readerなどのダウンロードページでは、Chromeなどをインストールするかどうかを尋ねるチェックボックスに、あらかじめチェックが入っている。このため、ユーザーが自分でチェックを外さなければ、自動的にインストールされる。

 この例に限らず、「あるソフトをインストールしたら、知らないソフトもインストールされていた」といった場合には、そのソフトにバンドルされていたと考えられる。

 不要なソフトがインストールされてしまった場合には、慌てずにアンインストールすればよい。Windowsの「コントロールパネル」から簡単にアンインストールできる(図3)。インストールされたのがアドオンなら、Webブラウザーから一時的に無効にすることも可能だ。

  • 図2 Adobe Readerのダウンロード画面例。初期設定では、Chromeが通常使うWebブラウザーとしてインストールされるとともに、IE用Googleツールバーもインストールされる。チェックを外せば、インストールされない
  • 図3 Windows 7のアンインストール画面例。一般のソフトおよびアドオンは、Windowsの「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」の画面からアンインストールできる(右)。IE 9のアドオン管理画面例。アドオンを一時的に無効にしたい場合には、「設定」ボタン→「アドオンの管理」で表示される画面で行う


■事例2: アダルト画像が表示されて消えない

  • 図4 デスクトップ上に表示される料金請求画面の例。右上の「×」ボタンを押して消しても、すぐに再度表示される。ボタンを押して消えない場合も多い

 ここ数年、国内で相次いでいるのが、デスクトップ画面に「謎の料金請求画面」が表示される怪現象だ(図4)。通常のウインドウ画面と同様に、右上には「×」の閉じるボタンがあるものの、押しても画面が消えない。消えた場合でも、すぐに復活するという厄介なものだ。

 しかも画面には、料金を請求する文章や、女性の裸の写真などが掲載されている。職場のパソコンや家族で利用しているパソコンでこのような事態になれば、怪現象とは別の意味でも「恐怖」だ。

  • クリップ

MONO TRENDY新着記事