フード

  • クリップ

おでかけナビ

渋谷で始まる東横線の直通運転、ダイヤ・街はどう変わる

 

2012/4/21

 東京急行電鉄の東横線は、2012年度中に渋谷駅が地下化し、既に運行中の東京メトロ副都心線と相互直通運転を始める。副都心線が乗り入れる東武東上線の森林公園や西武池袋線の飯能まで、横浜方面から乗り換えなしで行けるようになる。東横線は今後どう変わっていくのか。

5社相互直通運転の実現に向けて渋谷が変わる

  • 渋谷-代官山間でJR山手線をポニーワーレントラス橋でオーバークロスする東急東横線。東横線は地下化とともに山手線の下をクロスすることになる(写真:大野雅人)
  • 渋谷川がつくる谷に沿って走る高架の東横線。主力車両5050系が渋谷駅へゆっくりと進入する(写真:大野雅人)

 都心を南北に貫く新たな直通ルート、東武・西武・メトロ・東急・横浜高速のスルー運転が今年度(2012年度)中に実現する。2008年6月に東京メトロ副都心線が全通し、同線の北側でつながる東武東上線・西武池袋線(有楽町線)と直通運転しているが、今度はその南側でつながることになる。そこで東急東横線では「東横線渋谷-横浜間改良工事」の真っただ中で、渋谷駅東側の明治通り直下付近から代官山駅付近まで東横線地下化工事が進んでいる。

 この工事が完了し、副都心線と東横線がレールでつながると、東武・西武・メトロ・東急・横浜高速の5社間相互直通運転が始まり、川越・所沢・池袋・新宿・渋谷・横浜といった街が新たな直通ルートで結ばれることになる。

  • 東急東横線の乗り入れ先である東京メトロ副都心線、東武東上線、西武有楽町線・池袋線、横浜高速鉄道みなとみらい線と、池袋-横浜間で並走するJR湘南新宿ラインの位置関係(資料:大野雅人)

  • 東武東上線の和光市付近を走る、副都心線乗り入れ車両の東武50070系(写真:大野雅人)
  • 西武池袋線の所沢付近を走る、副都心線乗り入れ車両の西武鉄道6000系(写真:大野雅人)


  • クリップ

フード