エンタメ!

エンタウオッチング

2014年の注目株 次世代を担う大型女性アイドルは誰か 日経エンタテインメント!

2014/1/6

 2013年6月にAKB48グループが「AKB48スーパーフェスティバル」を日産スタジアムで開催。続く8月には、ももいろクローバーZ(ももクロ)が同じく日産スタジアムでワンマンライブを行った。日本最大級のライブ会場に、相次いでグループアイドルが登場したことで、2013年はブームがひとつの頂点を、極めた年となったと言えるだろう。

 AKB48がブレイクした頃は、「アイドルブームではなくAKB48ブーム」と指摘する向きも多かった。しかしその後、ももクロが続いたことで、裾野が大きく広がり、本格的にアイドルシーンは活性化した。

 その活況は現在でも継続。既にアイドルファンには人気があり、今後AKB48やももクロに続いて、一般層まで人気を広げる可能性を持つ「ネクストメジャー・アイドル」が次々に名乗りを上げている。

 例えば、AKB48の姉妹グループであるSKE48は、2014年の2月にナゴヤドームで単独公演を行う。また、AKB48の「公式ライバル」である乃木坂46は、2013年10月に代々木第一体育館でライブを開催。さらにももクロの「妹分」である私立恵比寿中学(エビ中)も、2013年12月にさいたまスーパーアリーナで公演を行った。どちらも1公演で1万人以上を動員した。

 そこで今回、グループアイドルのネクストメジャーを分析。幾つか浮かび上がったチェックポイントの中から、注目すべき3つの動向について解説する。

【チェック1】マストチェックは「ももクロの妹分」
外さない強さの秘密は、個性的なマネジャーへの権限委譲

 アイドルブームの頂点に位置していると言える、ももいろクローバーZ。彼女たちが所属する、スターダストプロモーション芸能3部からは、妹分と呼べるグループが続々と登場している。

 2012年は、2009年に結成した私立恵比寿中学、名古屋を拠点に活動しているチームしゃちほこの2組がメジャーデビュー。2013年は、大阪が拠点のたこやきレインボーと、湘南で活動するKAGAJO☆4Sがインディーズデビューを果たした。

私立恵比寿中学。女優修行から始まったアイドル活動、新グループ増加で本腰体制に。ももいろクローバーZや私立恵比寿中学のメンバーが、しばしばインタビューで話しているように、もともとスターダスト勢は女優修行の一環としてアイドル的な活動を行っていた。それがももクロの大ブレイクを機に、積極的にアイドルグループ育成に乗り出す。人材確保もかつてはスカウトが中心だったが、近年は大規模なオーディションを開催。2013年も女優とアイドルの両方の人材を視野に入れた「School Girl Audition2013」を実施(写真:アライテツヤ)

エンタメ!新着記事