マネー研究所

  • クリップ

保険の新常識

保険大国ニッポンを支える「考え抜かない加入」 保険コンサルタント 後田亨

 

2014/7/21

 「日本人は保険好き」「世界一の保険大国」といわれることがあります。確かに再保険会社スイス・リーの2011年調査によると、日本の生命保険料総額は米ドル換算で5250億ドルと、米国の5380億ドルに迫る世界2位です。世界の2%の人口規模しかない日本が保険料では約20%を負担している計算ですから、保険大国であることは間違いありません。

 しかし保険が好きというわけではないはずです。これまで保険を通じて2

 「日本人は保険好き」「世界一の保険大国」といわれることがあります。確かに再保険会社スイス・リーの2011年調査によると、日本の生命保険料総額は米ドル換算で5250億ドルと、米国の5380億ドルに迫る世界2位です。世界の2%の人口規模しかない日本が保険料では約20%を負担している計算ですから、保険大国であることは間違いありません。

 しかし保険が好きというわけではないはずです。これまで保険を通じて20年近く消費者と接してきましたが、「よく分からないけど入っている」という方が圧倒的でした。自分にとって本当に必要な保険との付き合い方を考えるのが面倒で加入しているケースが目立つのが実感です。

 「よく分からないのに、なぜ保険に大金を払えるのですか?」。私のところに保険相談に来られた方に聞いてみると、目立つのは次の3つの理由です。

・親はもちろん、職場でも「社会人は入るのが当たり前」という感じだった
・縁故や紹介によるセールスだったので断りにくかった
・テレビCMなどを見ていて不安になった

 似たような傾向は、生命保険文化センターの2012年度調査にも表れています。生命保険に加入した理由で目立つのは、「営業職員や代理店の人が知り合いだった」「家族や友人、知人に勧められた」など、自分の意思というより売り手や周囲の人たちの影響によるものなのです。

 私が相談を受けた方の中には「結婚して子供ができたので、家族が困らないよう万が一の事態に備えなければと思った」など、保険の必要性を自分でしっかり考えて加入した方もいます。それでも自分の年齢や家族構成、収入、貯蓄、社会保険、会社の福利厚生制度まで踏まえたうえで「この保険は必要」「これは不要」とゼロベースで考えたことのある人は少数派だという印象です。

  • 米国に次いで世界2位の保険大国である日本。しかし個々の消費者が自分にとって必要不可欠だと納得した契約はどれくらいあるのか
 「そもそも自分に保険が必要なのか」ということから考えていくと、いろいろ疑問が出てくるはずです。

 例えば「社会に出たら保険に入るものだ」という一種のムードに対しては、「親も職場の同僚・先輩も、保険については素人のはずだ」「『みんなの選択=自分にとっても正しい』とは限らない」と立ち止まって考えることもできるでしょう。義理のセールスに対しても、せめてほかの保険会社や会社の団体保険と比較してから結論を出しても遅くはないのです。

 また保険のCMや広告は、いうまでもなく保険を売るのが仕事である保険会社や代理店が発信しています。消費者の不安心理に訴え、保険に入るメリットを強調するのは当然かもしれませんが、不安にすべて保険で備えていたらお金がいくらあっても足りません。「不安に焦点を当てすぎると、合理的な判断ができなくなるのではないか」「お金(保険料)でお金(保険金)を準備する手段として、費用対効果は高いのか」といった視点を持ち、優先度を考える必要があるはずです。

 しかし実際は、保険の判断に困ると「みなさんはどうしていますか?」と営業担当者に横にらみの意見を求める人も目立ちます。つくづく自分で考えるのが苦手なのだと感じます。「親身になって説明してもらった」「代理店の人が知り合いだった」とプロの判断を仰いだことが加入理由に挙がるのも、自分で突き詰めた結論ではないことに対する言い訳が交じっている気がするのです。

 12年度の保険業界の保険料収入は43社で38兆円に達しています。比較的生活水準に恵まれている国であることも保険にお金を使える背景にあるでしょうが、個々の消費者が自分にとって必要不可欠だと納得して結んだ契約はどれくらいあるのでしょうか。保険大国という呼ばれ方から考えさせられることは多いはずです。

後田亨(うしろだ・とおる) 1959年生まれ。95年に日本生命に転職。2012年から保険相談室代表、一般社団法人バトン代表理事(13年に両者を統合し、バトン「保険相談室」代表理事)として執筆やセミナー講師、個人向け有料相談を手掛ける。07年に出版した「生命保険の『罠』」(講談社+α新書)で保険のカラクリを告白、業界に波紋を広げる。ほかに「“おすすめ”生命保険には入るな!」(ダイヤモンド社)、「がん保険を疑え!」(ダイヤモンド社)、「保険会社が知られたくない生保の話」(日本経済新聞出版社)など。
公式サイト(1)http://www.seihosoudan.com/
公式サイト(2)http://www.yokohama-baton.com/

  • クリップ

関連情報

マネー研究所新着記事