エンタメ!

  • クリップ

エンタウオッチング

アニメソングが席巻、音楽チャート 変わる業界地図 日経エンタテインメント!

 

2013/10/28

 CD不況が長引く中、ヒットチャートで存在感を放っているのがアニソンや声優アーティストの作品。最近は新規参入が再び増加しており、レコード業界の勢力図に影響を与えそうなパワーを持ちつつある。

 数年前からアニソンや声優アーティストの作品が、CD市場で重要な位置を占めている。象徴的なのがCDシングルのランキング。今年に入り34週過ぎた時点で、オリコン週間シングルトップ10にアニメタイアップのシングルが

 CD不況が長引く中、ヒットチャートで存在感を放っているのがアニソンや声優アーティストの作品。最近は新規参入が再び増加しており、レコード業界の勢力図に影響を与えそうなパワーを持ちつつある。

 数年前からアニソンや声優アーティストの作品が、CD市場で重要な位置を占めている。象徴的なのがCDシングルのランキング。今年に入り34週過ぎた時点で、オリコン週間シングルトップ10にアニメタイアップのシングルが入らなかったのは1週のみ。J-POP系のアーティストを除いて、アニソン系の作品に絞っても、トップ10に1作品も入らなかったのは7週だけだ。

■再び盛り上がりを見せるアニソン市場

  • SMEグループのアニプレックスが手がけるLiSA
 2013年2月4日付けのランキングでは、『THE IDOLM@STER』関連の作品が5位から9位までを独占。厳密に言うとゲームから派生した作品だが、11年にアニメ化され、関連CDがヒットした。

 5月6日付けから8週連続で『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%』の関連CDが、トップ10入り。売上枚数が10万枚を超えるシングルも8月までに2作品生まれている。

 過去を振り返ると、特定のメーカーの一人勝ちではなく、様々なプレーヤーがヒット作を出している。

 老舗のキングレコードは、90年代後半に声優アーティストの先駆けとなった林原めぐみを手がけて以降、コンスタントにヒット作をリリース。『魔法先生ネギま!』や前述の『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズなど、キャラクターソングの分野も開拓してきた。

  • 人気声優グループのRO-KYU-BU!は作品と連動しワーナー・ホーム・ビデオからリリース
 2000年代半ばにはビクターエンタテインメント系のフライングドッグが『創聖のアクエリオン』や『マクロスF』の関連作品で存在感を示した。最近ではポニーキャニオンが元気だ。10年前後に『けいおん!』関連の作品が社会現象と呼ばれるほど売れ、今年は『進撃の巨人』関連作がヒットしている。

 2000年以降は、ランティスなどアニソン市場に特化したメーカーも支持を集めた。ゲームメーカーの音楽部門であるKey Sounds Labelには、インディーズながら『鳥の詩』や『Angel Beats!』の関連曲など印象に残るヒット作がある。

 「アニソンファンは音楽と映像とのマッチングなど、厳しい目で作品を吟味する分、作品そのものの質を評価する。そのためアーティストパワーがなくても、ポンとヒットが生まれる可能性があるので、レコードメーカーとしては弱くてもある程度戦える」とあるアニメ関係者は、新規参入が起きやすい市場の特徴を指摘する。

■アニソン専門レーベルを立ち上げ市場参入

 直近で目立つのは、これまでアニソンをあまり手がけてこなかったメーカーが、アニメ専門レーベルを立ち上げて参入する例だ。

 たとえば大手3強の一角ユニバーサルは2012年12月にZERO-Aを立ち上げ、人気声優である悠木碧と竹達彩奈とのユニットpetit miladyをデビューさせた。

 ロックバンドを中心に手がけてきたA-SketchもAstro Voiceをスタートさせ、今年7月に『君のいる町』の主題歌で参入した。レーベルヘッドの中川岳執行役員は「所属アーティストのタイアップでアニメファンに触れることがあり、市場として非常に魅力を感じたし、コンテンツとしての面白さもあった。今までやってきたことと別軸で何かできないかと思い、レーベルを立ち上げた」と経緯を話す。

  • ※表中の「K」「S」「L」「I」「F」「P」は、前ページの「主要プレーヤー解説」を参照

■制作会社がレーベルを持つケースも

  • 注目ニューカマーの新戦略(1) TOHO animation RECORDS
 アニメ制作会社が音楽部門を強化するケースも増えている。

 今年4月に『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』でアニメ制作に参入した東宝は、同時に「TOHO animation RECORDS」という音楽レーベルも立ち上げ、主題歌やキャラソンを自社からリリースした。

 「音楽はアニメ作品にとって重要なファクターなので、自社で手がけたかった。また原盤制作費が映像に比べて安価で、他のメディアで使用されたときの二次収入が期待できることも魅力的だった」と東宝アニメ事業室の古澤佳寛室長は狙いを話す。

 ワーナー・ホーム・ビデオも2年前にアニメ制作への参入と同時に同名の音楽レーベルを設立。参入1作目の『ロウきゅーぶ!』から生まれた5人組声優ユニットのRO-KYU-BU!は、9月29日にさいたまスーパーアリーナでライブを行うほどに成長している。

  • 注目ニューカマーの新戦略(2) ワーナー・ホーム・ビデオ

 SMEグループのアニプレックスは3年前ほどから、独自の音楽部門に力を入れ始めた。LiSAが11年のデビューから2作連続で10万枚クラスのヒットシングルを発表したほか、人気声優の花澤香菜のソロデビューを手がけるなど、存在感を増している。

 ワーナーやアニプレックスが、音楽レーベルとしても成果を出せているのは、アニメ制作会社の強みを十分に生かしたためだ。

 「LiSAがブレイクできたのは、強力な自社アニメの主題歌に抜てきされたのが大きかった。同じ社内ということもあって、アニメ作品担当プロデューサーと互いの作品のクオリティーを高めるために、遠慮のない深い議論ができる」とアニプレックス企画開発部の山内真治次長は語る。

 アニソン市場はタイアップ先のアニメ作品がヒットしたり、曲自体のクオリティーが高ければ、ヒットを望みやすい。「アニメファンの思いをくみ取り、いくつかある方法論に従って制作すれば、ある程度はさばける数が見える手堅い分野」(アニメ業界関係者)との見方もある。

  • 注目ニューカマーの新戦略(3) アニプレックス 
  • 注目ニューカマーの新戦略(4) Astro Voice 

 CD市場が頭打ちのなか、固定層が多いアニメファンに支えられているアニソンは、相対的に存在感を増し、マーケットを下支えしていると指摘されることが多い。再びアニソン市場が盛り上がり始めたことで、レコード業界全体の勢力図に影響を与えるようなパワーを持ちつつあると言える。

(日経エンタテインメント! 上原太郎)

[日経エンタテインメント!2013年10月号の記事を基に再構成]

  • クリップ

関連情報

エンタメ!新着記事