マネー研究所

  • クリップ

桐谷さんの株主優待入門

映画に漫画喫茶…驚異の利回り24%も 「優待王」が手放せない銘柄:レジャー編

 

2013/10/20

 株主優待品を中心とした生活ぶりがテレビで人気のプロ棋士・桐谷広人さんといえば、年間130~140本も見る大の映画好き。そこで今回は、映画会社などレジャー関連銘柄を取り上げる。桐谷さんが映画好きになった真相や、もう一度手に入れたい憧れのレジャー施設銘柄も紹介する。

  • 桐谷 広人(きりたに・ひろと) 64歳。プロ棋士(七段)。1983年の失恋を機に株式投資を始める。現在400以上の優待銘柄を持ち、その優待品で日々の生活をほぼ賄っている。癒される人柄も人気の理由(写真:大沼正彦)

 皆さん、猛暑だった夏の疲れなどが出ていませんか。桐谷です。

 日頃、なるべく現金を使わずに優待だけで暮らしている私。先日、近所の日高屋(もちろん株主)でタンメンと餃子を食べていたところ、20歳くらいの若者2人組から「桐谷さんだ」と声を掛けられて写真を撮ったりしました。

 食事が終わって、いざお会計。タンメンだけなら優待の500円券の範囲に収まったのですが、その日はつい餃子も注文してしまったため、別途現金200円を支払うことに。それを目撃した件(くだん)の若者2人は「桐谷さんがカネ払ってる、カネ払ってる」と、ことさらにはやし立てるわけです。ああ、餃子さえ食べなければ…。しくじりました。

■映画を見るのは苦痛だった

 それはさておき、今回はレジャー関連銘柄の中からお気に入りを紹介しましょう。まずは映画会社。松竹、東映、東急レクリエーション、スバル興業、東京テアトル、武蔵野興業、東京楽天地、パルコなど、ほとんど持っています。これだけあると優待で年間約250回も映画が見られます。昨年は130~140回は見ましたね。

 でも、もともとは映画が見たくて映画会社の株を買ったのではなく、優待券を金券ショップに売るのが目的でした。ところが数年前から転売対策で優待券がカードや回数券に切り替わって売りにくくなり、やむを得ず自分で見るようになったんです。

 最初は苦痛でしたね。だけど、何でも打ち込んでいるうちに楽しくなってくるもの。今や映画はすっかり私の生活を彩る趣味です。

  • クリップ

マネー研究所新着記事