フード

  • クリップ

おでかけナビ

お得なのは「100円のS」 コンビニコーヒー徹底検証

 

2014/7/12

日経トレンディ

 2013年、セブン-イレブンがいれたてコーヒーの「セブンカフェ」を本格展開し、一気に浸透したコンビニコーヒー。2014年の大手5社の販売計画は合計で13億杯と、前年の約2倍に拡大。中でも年6億杯の販売数を目指すセブンは、「2013年夏はアイスコーヒー用の氷の供給が間に合わず、後半かなりの需要を取りこぼした。氷の仕入れ先を2社にしたり、マシンの複数台設置を進めたりと、今夏は万全な体制で臨む」(セブン-イレブン・ジャパン常務の鎌田靖氏)。

 消費増税後もセブンはホット、アイスともにレギュラーサイズのコーヒーを税込み100円に据え置いた。ファミリーマートやミニストップは、アイスコーヒーのSサイズ(税込み100円)を新たに投入して対抗している。

■コンビニ各社が夏向けの新メニューを投入

 いれたてコーヒー以外の魅力的なカフェメニューはローソンの独壇場だったが、2014年夏は他チェーンも参入。代表例が、ファミマの「カフェフラッペ」(税込み250円)だ。ミルクコーヒー味のかき氷にエスプレッソ抽出のコーヒーを注ぐ商品で、「先行発売した沖縄県では、通常のコーヒーに上乗せして1日平均20杯が売れた。全国展開で一気に杯数を伸ばす」(ファミリーマート商品本部の藤崎洋一氏)と意気込む。

 その他、ミニストップがSサイズのアイスコーヒーにソフトクリームを載せた「コーヒーフロート」(税込み180円)、サークルKサンクスが「大和園 ジャスミン茶」(同154円)などを追加しており、基本のコーヒーに絞るセブンに対し、各社が工夫を凝らす。

コンビニコーヒー戦争も2年目に突入し、各社がメニューをてこ入れ。ローソンやミニストップは今年、使用する豆や焙煎具合を変更。サークルKサンクスもアイスコーヒーの豆の配合を変えたうえ、高級版の「バリブレンド」を追加。カフェメニューでは、ファミリーマートが「カフェフラッペ」を投入した他、ローソンは一部店舗でスパークリングワインをイメージしたノンアルコールの炭酸飲料を試す

  • クリップ

フード