エンタメ!

  • クリップ

エンタウオッチング

AKB初の海外姉妹グループ、JKT48の可能性 日経エンタテインメント!

 

2012/2/14

 2011年末の『NHK紅白歌合戦』にAKB48グループの一員として出演したJKT48。日本発アイドルが初めて海外展開する姉妹グループだ。エンタテインメントの枠を超えて注目度が高い彼女たちの姿とは?

  • JKT48のメンバー。1.ベビー、2.ジェシカ、3.ガイダ、4.レナ、5.シンディ、6.ネネン、7.ソニャ、8.ファヒラ、9.アヤナ、10.ステラ、11.フリスカ、12.ナビラ、13.シャニア、14.メロディー、15.クレオパトラ、16.レズキー

 AKB48初の海外姉妹グループとして2011年11月に誕生したのが、インドネシアの首都ジャカルタを拠点とするJKT48だ。常設となる劇場を春までには確保し、「会いに行けるアイドル」のコンセプトはそのままに、活動を本格化させていく。現在は、劇場デビューに向けて週4~5日のレッスンを積む日々だが、早くもインドネシアで放送されているポカリスエットのCMに出演するなど、着々と知名度を高めている。

現地の企業がバックアップ

 AKB48の世界展開は、プロデューサーの秋元康氏が数年前から温めていたプロジェクト。様々な地域で姉妹グループ設立の可能性を検討していたが、最初に準備が整ったのがジャカルタだった。現地での運営には、インドネシア最大手のメディアコングロマリットで、楽天とも提携している「MNCグループ」が協力していく。これは、楽天の三木谷浩史社長と秋元氏とのつながりもあって実現したことだが、MNCグループのレイノ・バラック氏は「秋葉原でAKB48の劇場公演を見て、インドネシアでの新しいビジネスの可能性を感じた」と語る。

  •  

 インドネシアの人口は世界で4番目の約2億4000万人。そのうち30歳未満が約半数を占めるという若い国だ。『スラムダンク』から『ONE PIECE』まで、日本のマンガやアニメなどが非常にウケている土壌もあり、日本式のアイドルが根づくポテンシャル高い地域だといえよう。

  • クリップ

エンタメ!新着記事