MONO TRENDY

  • クリップ

デジモノNAVI

高級ヘッドホンでシェア6割 若者支持する米ベンチャー 急成長メーカーの逸品(2)

 

2014/3/18

 「Beats」「バルミューダ」「cado」…。ここ数年、国内で起業した家電ベンチャーや海外のブランドが、家電量販店などの店頭で存在感を示している。堅実にヒットしている彼らの“逸品”の実力に加え、各社の戦略から急成長の理由を探った。今回は「ヘッドホン/音楽プレーヤー」を紹介する。

 「21世紀のオーディオブームはヘッドホンを中心に回っている」――。

 こう言い切るのは、ラトックシステムオーディオ販売推進グループの佐々木晋キャップだ。USB DACでPCオーディオ(パソコンでの音楽再生)市場を先導してきた同社は2014年2月末、ハイレゾ音源に対応した高機能ポータブルヘッドホンアンプ「REX-KEBO2AK」の出荷を開始した。

 実は今、20代の若者を中心に、オーディオの聴き方が大きく変化している。スマートフォン(スマホ)やハイレゾ音源(音楽CDを超える音質の音楽データ)プレーヤーを充電池内蔵ポータブルヘッドホンアンプ、いわゆる「ポタアン」とデジタル接続。外出先でも高級ヘッドホンの性能を最大限に引き出して聴く。

 ラトックシステムは高機能なポタアンを戦略製品と位置づけ、どこにいてもヘッドホンを手放さないこうしたユーザーを狙う。

■高級ヘッドホン市場でシェア6割の新興ブランド

 国内で売られているブランドが約200という未曽有のヘッドホンブームに乗り、ヘッドホンそのものの販売数を伸ばしているのが、米国生まれの「Beats(ビーツ)」(Beats Electronics)だ。

ヒップホップのアーティスト、ドクター・ドレーと、レコード会社会長が米国で2006年に設立。高音質を目指して2008年に売り出した最初のヘッドホンから大ヒットを連発。トレードマーク「b」のロゴが今やアップルのリンゴマークのようなライフスタイルブランドになっている。現在、米高級ヘッドホン市場でシェア6割を占める(完実電気は日本の正規販売代理店)

  • クリップ

MONO TRENDY新着記事