フード

  • クリップ

おでかけナビ

全長1キロ、「道頓堀プール」は実現するか

 

2012/8/11

 大阪市の中心部を流れる道頓堀川に、全長1kmのプールをつくろう――。大阪府市特別顧問で元経済企画庁長官の堺屋太一氏の発案を受けて、こんな計画が動き出した。地元商店会や南海電鉄で構成する「道頓堀プール準備室」が7月31日、基本計画を発表したのである。

  • 道頓堀川につくったプールで開催する競泳大会のイメージ

 2015年夏の開業を目指して、民間主導で遠泳競技や市民が遊泳できる世界的名所をつくる。「大阪のど真ん中に見たこともない巨大なプールをつくり、観光客を呼び込みたい」。堺屋氏は記者会見でこう意気込みを語った。

 基本計画によると、プールは発泡スチロールの浮き材を付けた「布函式(ふかん)」の水槽とする。布函とは、布でできた箱のこと。12~15mある道頓堀川の川幅いっぱいに布函を広げ、内部を水道水で満たす。

 布函を川に浮かべて、1.1~1.4mの深さがあるプールをつくる。布函の底面には硬質樹脂ボードなどを敷き、遊泳者が気持ちよく泳いだり歩いたりできるようにする。

 まずは、道頓堀川に架かる東側上流の日本橋から西側下流の深里(ふかり)橋まで、約800mの区間に布函を並べる。将来は西側に延長して、プールの全長を1kmとする計画だ。

 1つの布函の長さは30m程度。隣り合う布函同士はチャックで接合して一体化し、プールサイドとなる両岸の遊歩道や橋桁などに係留する。

  • 道頓堀プールの平面図。東側から西側に向けて流れる道頓堀川に「布函式」の水槽を浮かべる

 道頓堀川の水は、布函の下側を流れる。大雨などで増水する危険があるときは、布函の最上流部と最下流部の隔壁を取り外して、プール内にも川の水が流れるようにする。

 プールの営業期間は、毎年6月下旬から9月上旬までを予定する。営業期間前に設置して営業期間が終わると撤去できるように、布函はできるだけ簡単な構造とする。

  • クリップ

フード