MONO TRENDY

  • クリップ

デジモノNAVI

「電池持ち」対決 頂点に立ったスマホは?

 

2012/10/4

  • 写真1 スマートフォン利用者が不満としてよく挙げるのが電池持ちの悪さ。それに対し、夏モデルはバッテリーの大容量化が進んだのが特徴だ。処理能力の高いCPUの搭載や大画面化など、機能も大幅にアップしている

 今年のスマートフォン(スマホ)夏モデルは、最新のAndroid(アンドロイド)OS(アンドロイド4.0)に対応し、機能や使い勝手が大幅に向上しており、今こそ、買いの好機といえる。

 多くの機種が従来の3G(第3世代携帯電話)を大幅に上回る高速通信サービスに対応。下りの速度は、NTTドコモの「Xi(クロッシィ)」が最大75Mbps(メガ・ビット/秒)、auの「WiMAX(ワイマックス)」が最大40Mbps、ソフトバンクモバイルの「ウルトラスピード」が最大42Mbpsに達する。

 CPUはデュアルコアが主流になった。また、「おサイフケータイ」や「ワンセグ」、「赤外線通信」といった、ガラケー(ガラパゴスケータイ=日本独自の機能を多数装備した従来型の携帯電話)でおなじみの機能への対応も当たり前になった。

■機種によって差が大きい電池の持ち

  • 写真2 NTTドコモのGALAXY S IIIは、バッテリーの容量が2100mAhと非常に大きい。他モデルも大容量化が進む

 アンドロイドスマホの機能やスペックが成熟してきたなかでも、機種によって特に差が付くのがバッテリーの持ちだ。ユーザーの不満点として挙げられることが多く、各社は強化を進めている。例えば、ドコモの「GALAXY S III SC-06D」(韓国サムスン電子製)は、バッテリー容量が従来モデルから1割以上アップし、2100mAh(ミリアンペア時)になった。夏モデルでは1800mAh以上の端末も多い[注1]

 そこで今回は、ドコモ、au、ソフトバンクの夏モデルのなかでも、バッテリー容量が大きく、マルチコアCPUを採用した高機能モデルを選抜。ウィルコムのPHS回線も使えるアンドロイドスマホ1機種を合わせた計16製品に関し、“電池持ち”を中心に性能をテストしてみた。

[注1]NTTドコモは8月28日に、2012年秋モデルとしてアンドロイドスマホ3機種を発表。バッテリー容量は「AQUOS PHONE si SH-01E」(シャープ製)が1660mAh、「Ascend HW-01E」(中国ファーウェイ・テクノロジーズ製)が1800mAh、「Optimus G L-01E」(韓国LGエレクトロニクス製)は2210mAh。この3機種は今回のテストの対象外。

  • クリップ

MONO TRENDY新着記事