マネー研究所

日経マネー 特集セレクト

売れ筋REITの実力、海外・国内で比較 高分配投信「辛口」ランキング(2)

2011/8/10

 投資信託(投信)の「ホントの実力」を評価する本連載の第2回は、REIT(不動産投資信託)について海外編と国内編に分けてランキング結果を紹介します。併せて、海外REITと国内REITのそれぞれで今後何を注意すべきかを解説します。

[海外REIT]

最大市場の米国利回り低下し、収益安定性に懸念

 2010年4月から2011年3月までの間で、資金流入額が最大だった投資信託が、海外REIT投信だ。その勢いは2011年4月以降も衰えていない。投信評価会社、三菱アセット・ブレインズ(MAB)によれば、確定拠出年金向けなどを除いた投信で2011年5月の流入額を見ると、トップ10のうち6つが海外REIT投信で占める。

 5月の流入額トップが「新光US-REITオープン」(愛称ゼウス)。4月に続いて1000億円を超える流入となった。ゼウスは2010年8月に1万口当たりの分配金を60円から90円に引き上げ、それ以降、販売会社が急速に増えていることが、人気の背景にある。

 円高、今後のインフレ懸念を考えれば、海外の不動産を投資対象にした商品に資金を回すのは、合理性がある。だがこのまま海外REIT投信を保有していいのか。

 

 今回、投信の定性評価に加わった2人のプロは懐疑的だ。理由の一つが、REITの最大市場である米国での価格上昇。リーマン・ショックで大きく落ち込んだ米国REIT価格だが、6月初め現在の時点でリーマン前とほぼ同じところまで戻っていた。旺盛な資金が流れ込み、2010年物米国債とのスプレッド(利回り差)もなくなり、2010年代半ばのサブプライムバブルのときのように、国債利回りより配当利回りが低くなる可能性すらある。利回りが落ち込めば、投信の収益安定にも影響が出かねない。分配金の減額リスクも高まる。

米国REITの配当利回りと10年物米国債の利回りの推移  出所:モーニングスター。配当利回りは、FTSE NAREATの指数。

 米国REIT以外の国のREITを含めた投信はどうか。英国は、まだリーマン前の水準に戻ってないなど、上昇余地はある。海外REITは米国の組み入れ比率の状況が注視材料だ。

マネー研究所新着記事