MONO TRENDY

  • クリップ

デジモノNAVI

iPhone対抗の本命 最新ギャラクシーは買いか

 

2012/10/7

 Android(アンドロイド)を採用するスマートフォン(スマホ)で定番モデルの筆頭に挙げられるのが、韓国サムスン電子の「GALAXY(ギャラクシー)」シリーズだ。この夏には、魅力十分の新モデル「ギャラクシーS III」がNTTドコモから登場している。前モデルの「ギャラクシーS II LTE」も人気が高かったが、世界対応端末なので国産製品に比べると機能で見劣りする部分もあった。ところが、ギャラクシーS IIIは、ついにおサイフケータイやワンセグに対応し、日本向け製品として完成度が高まっている。実機を使い込んだ後、ギャラクシーS IIIが買いかどうかを思案してみた。(戸田覚=ビジネス書作家)

 ギャラクシーS IIIの注目ポイントは多くあるが、まずチェックしたいのが本体サイズだ。ディスプレイが4.8型と非常に大きく、本体も普通のスマホよりひと回り大きくなった。果たして使い勝手はどうだろうか。まずは、本体サイズとデザイン、質感からチェックしていく。

■大きさは歓迎すべき点が多く、デメリットを上回る

 実は、仕事の都合で最新アンドロイドOSのスマホが必要になり、ギャラクシーS IIIを発売日に購入し、2週間ほど使い込んだ直後に本記事を執筆した。自ら購入するにあたって、本体サイズが大きすぎて使いにくいのではないかとずいぶん懸念した。図1の写真とスペックからもわかるように、例えばiPhone 4Sと比べてみると、幅で約12mm、高さは約22mmも大きい。だが、実際に使い込んでみた結果、メリットがデメリットを上回っていると実感した。

  • 図1 韓国サムスン電子の「GALAXY S III SC-06D」。NTTドコモが提供中だ(写真:スタジオ・キャスパー、以下同じ)

 当初サイズに関してはポケットに入るかが心配だったが、これは杞憂(きゆう)だった。サイズこそ大きいが、厚さ9.4mmとスリムで比較的軽いために、デニムやスーツのポケットに入れても、ほとんど違和感がない。かばんに入れるなら何の問題もないだろう。

  • 図3 大きすぎないかと心配になる本体は、iPhone 4Sと比べてもひと回り大きい。だが、薄いのでポケットへの収まりは上々で、持ち運びで困ることはあまりない
  • 図2 「ホーム」ボタンがハードウエアで押しやすい。「メニュー」と「戻る」ボタンはタッチセンサーで、慣れるまでは誤タッチが少なくないが3日で慣れるはずだ

 ただ、操作をしているときは、ややオーバーサイズだと感じることもある。僕は左手でスマホを持つのだが、片手で操作すると画面の右端近くのアイコンやメニューに、親指が届かないのだ。もちろん両手で操作すれば何の問題もないが、荷物を持っているなど、片手しか使えない場面も少なくない。日に数回は、「大きすぎるなあ」と感じるのが正直なところだ。

 本体のデザインや質感は文句なしで、間違いなく所有欲を満たしてくれる。丸みを帯びた形状は手によくなじむ。また、ディスプレイは、前面すべてをガラスが覆っている形状なのだが、端のほうほど、緩やかにカーブを描いている。上質で手触りの良いボディーは、飽きずに長く使えるはずだ。

  • クリップ

MONO TRENDY新着記事