エンタメ!

エンタウオッチング

人気職業「声優」 技量や人気でギャラ決まる実力世界 日経エンタテインメント!

2014/8/4

 いまや俳優やお笑いタレント、医師や学校の先生よりも人気の職業となった「声優」。人気声優は様々なジャンルの番組をかけ持ちするが、ギャラの仕組みはどのようになっているのか……。

 一昔前までは、「顔は出ないが芝居ができる」こともあり、劇団所属の役者が副業としてやることが多かった声のお仕事。2000年代に入り、多数のアニメ作品が制作され、洋画の字幕離れが進み吹き替え版が増える中、“声優”は若者の間で定番の人気職業となっている。村上龍の著書から立ち上がった「13歳のハローワーク公式サイト」の人気職業ランキングでも、マンガ家やアナウンサーを上回り、スポーツ選手、パティシエなどに続く第6位だった(2014年2月1~28日調査)。

 洋画や海外ドラマ(業界用語で「外画」という)の吹き替え、アニメキャラクターボイス、ナレーションの3つをバランスよくこなすのが、人気者の王道という。そのギャラの仕組みはどうなっているのか。

■新人のギャラは「1本1万5000円」に決まっている

 声優になるには、中学・高校を卒業してから、もしくは並行して専門学校や養成所に通い、事務所の預かりか所属となった後にデビューするのが一般的。事務所に入り、俳優が加入する協同組合日本俳優連合(以下、日俳連)に「新人登録」されリストに載ることで、作品出演への俎上(そじょう)に上るというわけだ。

 新人は「ジュニア」と呼ばれ、30分のテレビアニメだろうが、2時間の長尺だろうが、1本あたりのギャランティは1万5000円と決まっている(CS放送は除く)。

 この「基本料金」はランク化されており、新人扱い(ジュニア)は3年間で、以降、「ランク15」(1万5000円)、「ランク16」(1万6000円)と、技量やキャリア、人気の度合いで数字が増えていく。

 ランク15以降は、作品の長さに比例する「時間割増率」、2次利用時の「転用料率」が、基本料金に対して規定のパーセンテージで掛けられ、数万円単位のギャラとなる。なお、リストはアニメと外画で分かれて用意されており、外画ではランク15だがアニメではランク16という場合もある。

一般社団法人日本音声製作者連盟(音声連)と日俳連の間で交わされた中小企業等協同組合法による団体協約に基づく「外画動画出演実務運用表」、および関係者取材による。ジュニア、ランカーの後、最終的には交渉でギャラを決める最上位「ノーランク」となる

エンタメ!新着記事