働き方・社会貢献

  • クリップ

イチからわかる

すぐできる自由研究 牛乳パックで手作りカメラ 「おうちで理科」セレクト集(7)

 

2012/8/19

 身近な牛乳パックを使って、簡単なカメラをつくってみませんか。カメラを明るい場所に向けて、のぞき穴から見てみると、内側のスクリーンに景色がうつっているという簡単なものです。デジタル部品もフィルムもありませんので、見えたものをプリントすることはできませんが、カメラのしくみを学ぶのにはぴったりです。牛乳パックの中のスクリーンに景色がうつるのはなぜか、そのワケも考えてみましょう。

■どうして? 屈折した光で逆さまに

 カメラの内側のスクリーンに景色がうつるのはなぜでしょうか。明るいところにあるものはまわりからくる光をはねかえして、光を出しています。その光の一部がカメラのレンズに入ります。レンズに入った光は曲げられて1カ所に集まります。右の図は、鉛筆の先端Aから出た光が、レンズで屈折してA’に集まっているところを表しています。A’のところにスクリーンをもってくると、鉛筆の形がうつるのです。

 このとき、鉛筆の上下左右は逆転しています。私たちの目のつくりも、牛乳パックのカメラと同じで、目の一番奥にある網膜には上下左右が逆にうつっています。けれども脳でもう一度逆転されるため、元と同じ形として認識されているのです。

  • クリップ

働き方・社会貢献