働き方・社会貢献

  • クリップ

職場の知恵

増える「年の差婚」、メリットと不安

 

2012/6/13

 ここ数年、年の大きく離れた芸能人の結婚が相次ぐ。一般の人たちの間でも「年の差婚」に対する抵抗感は薄れ、積極的に年の離れた相手を求める動きもある。なぜ今、年の差婚が注目されるのか。そのメリット、デメリットは。

■もてなし力強い40~50代

 福岡県に住む男性Aさん(44)は、登録する結婚相談所ツヴァイの紹介で、14歳年下のB子さん(30)との結婚を決めた。これまで仕事一筋で来たが、気づけば四十路。子どもはぜひとも欲しいので、30代前半の相手を求めていた。

 一方、看護師のB子さんは「そろそろ結婚を」という母親の声に押されて登録。最初に紹介されたのがAさんだった。会ってみると14歳差を感じさせない。電話やメールなど望んだときに返してくれる心遣い。優しいし、仕事も熱心、家事もできる。何でも知っているから甘えられる。すでにマンションを持っている点も安心できたという。Aさんの希望は子ども3人。そのための蓄えも入念だ。

 結婚相手の年齢差について、今年2月、ツヴァイが独身者1000人に調査したところ、男性が相手に許容できる年齢差は全世代平均で上限13.2歳、下限15.3歳。女性は上限12.2歳、下限10.4歳だった。

 一方、結婚相談所のオーネットによれば、成婚したカップルのうち11歳以上の年の差の割合は、2000年の2.1%から、11年1~6月は5%に増えた。30歳の女性会員は「見た目が若々しければ50代でもOK。同世代よりも圧倒的に頼りがいがあるので、年の離れた人が希望」と言う。

 厚生労働省の人口動態統計で、初婚同士の年齢差を見ると、年上妻と同い年夫婦、加えて7歳以上の年上夫の比率が増加している。年上妻の中でも「4歳以上」の伸びが目立つ。ここでも、年の差婚の傾向が見てとれる。

 若い世代がなぜ年の差婚に引かれるのか。「30代前半より下の世代は男女とも承認欲求が強い」と言うのは電通総研の主任研究員、大屋洋子さんだ。不況の時代に育ち、自己肯定感を持ちづらいこの世代は特に「守られたい」「認められたい」といった気持ちが強い。それに対し「アッシー」「メッシー」「貢くん」などと呼ばれながらデートの段取りを付けてきたバブル経験者の40~50代は「もてなし力」にたけているというのだ。「しかも、頑張れば何とかなるというポジティブさがあるので、20~30代にはたくましく見える」

  • クリップ

働き方・社会貢献