MONO TRENDY

本日入荷 おいしい話

近大の完全養殖マグロ、大阪に店舗 人気の味は

2013/5/28

「近大卒」の養殖魚をまんべんなく使った海鮮丼。タブレットの解説付きで

 4月下旬、大阪・梅田にオープンした複合施設「グランフロント大阪」。連日盛況のなか、ひときわ注目を浴びているのが産官学の技術交流拠点「ナレッジキャピタル」に入居する養殖魚専門のアンテナショップ、「近畿大学水産研究所」だ。30年以上の試行錯誤を経て近大が開発した完全養殖のクロマグロが食べられる初めての店舗である。

■開店15分で売り切れ 「夢のマグロ」に長蛇の列

 5月下旬の土曜日午後4時。夜の営業開始にはまだ1時間もあるのに、オープンバー風の店先には既に長蛇の列ができている。先頭は大阪府豊中市からやって来たという高齢の夫婦。ご主人は「話のタネに完全養殖のマグロを食べてみようと思って。前を通るといつも大勢並んでいるので今日は意を決して早く出てきた」と笑う。

 羽島俊之店長によると「昼は200食、夜は150食程度を用意しているが、開店から15分後には売り切れてしまう」。6月末までは予約分も満席。通りすがりの来場者も店舗の写真を撮ったり、店頭に設置したタッチパネルで「完全養殖クロマグロ」の解説を読んだりと、ちょっとした観光スポットの趣だ。

 日本で食べるマグロには複数の種類があり、スーパーや回転ずしでおなじみなのは天然物のメバチやキハダ。クロマグロは日本のマグロ市場の1割しかない高級品だ。

 脂の乗ったトロが取れ、商品価値も高いため、天然物に加えて日本や地中海、メキシコなどで育てた養殖物も多く流通している。養殖の期間や出荷時期は地域によって異なるが、いずれも天然のクロマグロを漁獲し、エサを与えて太らせてから出荷する。

大阪・梅田にオープンした「近畿大学水産研究所」。営業時間外も通行客が足を止める。ちょっとした観光スポットの趣だ

 天然資源の漁獲がつきものの従来の養殖に対し、資源への負荷を大きく抑えられるのが近大が実現した「完全養殖」だ。

 「最初だけ天然クロマグロの稚魚を漁獲して成魚に育てて卵を産卵させ、生まれた稚魚を再び成魚に育てて産卵させる。つまり、天然の2世代後からは天然資源を損なわずに再生産のサイクルを確立できるわけです」。近大水産養殖種苗センター大島事業場(和歌山県串本町)の岡田貴彦事業場長は解説する。

関連キーワード

マグロ完全養殖近畿大学

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL