働き方・社会貢献

  • クリップ

ことばオンライン

「心が折れる」、起源は女子プロレスの伝説の試合

 

2013/7/17

 落ち込んだり、気持ちがくじけたりした際の精神状態を表す「心が折れる」。単なる若者言葉にとどまらず、「苦難や逆境などで、その人を支えていたよりどころがあっという間になくなってしまう」として収録する国語辞典(大辞林第3版=三省堂、2006年)も発行されるなど、今や一種の慣用句のごとく定着している。1990年代から使われ始め、2010年ごろに一気に普及したこの表現。ルーツは26年前のちょうど今ごろ行わ

 落ち込んだり、気持ちがくじけたりした際の精神状態を表す「心が折れる」。単なる若者言葉にとどまらず、「苦難や逆境などで、その人を支えていたよりどころがあっという間になくなってしまう」として収録する国語辞典(大辞林第3版=三省堂、2006年)も発行されるなど、今や一種の慣用句のごとく定着している。1990年代から使われ始め、2010年ごろに一気に普及したこの表現。ルーツは26年前のちょうど今ごろ行われた「女子プロレス伝説の試合」にあった。(一部敬称略)

ルーツは神取忍vsジャッキー佐藤

  • プロレスラー・神取忍の言葉が「心が折れる」のルーツとなった

 「対戦相手の心を折ってやりたかった」――。87年7月18日、神奈川・大和車体工業体育館でのジャパン女子プロレス(消滅)の興行。神取しのぶ(当時22、現・神取忍)対ジャッキー佐藤(当時29、99年死去)の一戦だ。後に男性レスラー顔負けの圧倒的な強さで「ミスター女子プロレス」との異名を取ることになる神取。柔道で残した世界選手権3位、全日本選抜体重別選手権3連覇などの実績にたがわぬ活躍で、早くも頭角を現していた。

 一方、マキ上田と組んだ「ビューティ・ペア」で70年代後半に一世を風靡し、歌手としても「かけめぐる青春」で大ヒットを飛ばしたジャッキー。人気・実力とも押しも押されもせぬ看板レスラーであり、経営幹部でもあった。

 この試合が今も語り草となっている理由は、あまりにも凄惨なケンカマッチとなったためだ。経営難だった団体の運営を巡る対立。直前の興行では神取の負傷箇所を、ジャッキーが悪意をもって攻撃した、と受け取られる出来事もあった。こうした伏線からも、遺恨試合は目に見えていた。生涯唯一となるギブアップ負けを喫したのはジャッキー。プロレス週刊誌には、パンチを受け顔面が腫れ上がって変形した見るも無残な写真が掲載され、「ジャッキーを戦慄KO!」の見出しも躍った。

活字の用例では「プロレス少女伝説」が最古

  • 「プロレス少女伝説」と、神取vsジャッキー戦を報じた「週刊ゴング」1987年8月7日号

 後日、この試合について神取に取材し、「心が折れる」という言葉を引き出したのがノンフィクション作家の井田真木子氏(01年死去)。91年に大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した「プロレス少女伝説」(かのう書房、90年)での神取の発言が、活字の形で残る最も古い用例だとみられている。

 「あの試合のとき、考えていたことは勝つことじゃないもん。相手の心を折ることだったもん。骨でも、肉でもない、心を折ることを考えてた」。以下、「苦痛と、見る自由を奪われることと、息ができない恐怖と、この三つがそろって、初めて、心が折れるのよ」など繰り返し8回も使われている。

 当時の状況について、現役のプロレスラーを続けている神取氏に記者が取材したところ「(ジャッキーとの確執など)様々な思いが交錯していく中で思いついた言葉」だったと振り返り、「骨を折る」から連想したとも明かした。この試合は「腕がらみ」という柔道由来の関節技でギブアップを奪っている。腕の骨は「折ろうと思えば折れた」が、そうしなかった。「プロである以上、(選手生命に関わるような)致命的なけがを負わせることはできない」。因縁の対決の終わらせ方として、骨を折る代わりに精神的な部分でダメージや恐怖心を与える「心を折る」という方法を選んだのだ。

 神取氏は一流の柔道家として世界レベルの選手との激闘も経験。体調面だけでなく、モチベーションなど精神面も勝負を左右することを身をもって学んでいた。自身の発言が二十数年を経て広く使われるようになったことについては「当時は今ほどストレス社会ではなく、『心が折れる』という表現もキャッチーでなかった。でも現代は『心の大切さ』が説かれる時代。『心が折れる』という表現もピンとくるのでは」と分析してみせた。

夢枕獏氏の解説から「刃牙」の順に浸透か

  • 1993年の「グラップラー刃牙」は「心が折れる」が使われ始めた頃の例((C)板垣恵介/秋田書店)

 プロレス少女伝説は93年秋、文芸春秋から文庫化。この時に解説を執筆したのが、格闘技に造詣が深いことで知られる作家の夢枕獏氏だった。「“心を折ってやりたかった” まさに、この神取しのぶの言葉の発見が、読者としてのぼくが、本書に対して降参した――つまりギブ・アップをした最大のポイントである」と絶賛。「発見」という表現が、当時はこの言葉がまだ一般的ではなかったことをうかがわせる。

 「心が折れる」は、現在もシリーズで連載が続く格闘技漫画「グラップラー刃牙」(板垣恵介作、秋田書店)で93年末にも登場。モンゴル系ボクサーの幼少時の回想シーンで、「真の敗北というのはなユリー。心が折れることを言うのだ」などと使われている(週刊少年チャンピオン94年3+4号)。板垣氏は神取氏の発言に「インスパイアされた」とコメントしている。

 格闘技の世界に端を発した「心が折れる」は、90年代後半ごろには他のスポーツ全般へと広がっていく。例えば00年9月4日付スポーツ報知では、不振だったプロ野球の上原浩治(当時巨人)についての記述が確認できる。

 00年代半ば以降になると、トップアスリートを題材に、タイトルにこの言葉を織り込んだ書籍の出版が相次ぐ。「折れない心」(10年、野村忠宏=柔道)、「心は折れない」(12年、内山高志=ボクシング)など格闘家の著作もあるが、プロ野球、サッカー、競泳、体操など競技は幅広い。類書の出版点数推移から、10年ごろにはスポーツ以外の分野にも急速に広まったとみられる。

タイトルに「心が折れる」などを含んだ、スポーツ選手を題材とした書籍
タイトル選手競技発行年
金本知憲 心が折れても、あきらめるな!金本知憲※プロ野球2009
折れない心野村忠宏※柔道10
前に進むチカラ 折れない心を作る7つの約束北島康介※競泳11
長友佑都の折れないこころ長友佑都サッカー11
心は折れない内山高志※ボクシング12
折れない心を支える言葉工藤公康※プロ野球12
逆境での闘い方 折れない心をつくるために三浦大輔※プロ野球12
内村航平 心が折れそうなとき自分を支える言葉内村航平体操13

(注)※は自著。副題での使用を含む

心が折れた元祖は「漂泊の詩人」?

 実は、あの芥川龍之介も「心が折れる」を使っていた。1921年発表の短編小説「好色」には「さすがの侍従も今度と云ふ今度は、とうとう心が折れたと見える」とある。ただ、現代とは用法が違い、「気持ちが相手に向くこと」という意味だ。プレイボーイである主人公のアプローチに、侍従という女性がやっと応えてくれた、という場面。日本国語大辞典第2版(小学館)は助詞「が」を入れない「こころ折れる」の形で「気持を相手側に曲げる」といった意味を載せており、初出は1714年となっている。

 さらに遡り8世紀、中国・唐の時代。「詩聖」と称される漂泊の詩人・杜甫も、この表現を複数回使っていた。「地隅」という五言律詩の「平生心已折 行路日荒蕪」は書き下すと「平生心已(すで)に折れ、行路日々に荒蕪(こうぶ)す」(普段から私の心は挫折しきっていて、行く手の道は日に日に荒れ果てるばかりだ)となる。自らの心と行く手の道と、どちらも荒廃した状況が二重写しになる。

 杜甫といえば科挙に落第して各地を放浪したり、ようやく仕官したものの左遷に遭ったりと、不遇をかこったエピソードが有名。まさに「心が折れた」表現の元祖。しかし、そんな苦境を糧にしたからこそ、国を憂えるだけでなく、民の苦しみにも目を向けた優れた詩を詠じることができたとも思える。心が折れた経験をいかにバネにできるか――。杜甫の詩は、そんな問いかけをしているのかもしれない。

(中川淳一)

関連情報

働き方・社会貢献