マネー研究所

  • クリップ

得々家計

銀行両替より有利 海外旅行にプリペイドカード

 

2016/1/11

日経マネー

 海外旅行で使えるプリペイドカードが増えている。トラベラーズチェックがなくなった今、多額の現金やクレジットカードだけだと安全上の懸念が強いためだ。最近はウェブ上の手続きだけでチャージできるなど、使い勝手も向上している。

 以前は海外旅行というと、トラベラーズチェック(TC)を利用していた人も多いのではないだろうか。このTC、2014年3月で販売が終了しているが、意外と知らない人も多い。慌てて現金とクレジットカードの2種類を持って旅立つ前に、最近増えている「海外旅行先でも使えるプリペイドカード」を準備しておくと、より安心・安全に旅行できる。

■「簡単・安全・計画性」が特徴

 海外旅行向けプリペイドカードは主に(1)海外での買い物の決済(2)海外ATMでの現地通貨引き出し──ができる。主要ブランドはビザとマスターカードで、200以上の地域や国で利用できる。

 特長は手軽さと安全性で、その意味ではTCに近い。まず、クレジットカードのような審査は必要なく、カード会社にもよるが中学生でも発行できるところもある。外貨両替大手のトラベレックスジャパンの「マルチカレンシーキャッシュパスポート」の場合、両替所で即日発行も可能だ。

  • クリップ

マネー研究所新着記事