マネー研究所

カリスマの直言

米に旅行…日本人が知らぬチップの常識(田代桂子) 大和証券グループ本社取締役常務執行役

2015/10/11

 次はワインの注文だが、ソムリエのお世話になるかならないか、デキャンタの有無でチップの金額は変わるべきとのことである。ごもっともだ。ただし、残念ながら同じ条件でサーブされ、作業量も作業時間も同じ30ドルと300ドルのワインでチップが20%の6ドルか60ドルにするべきかどうかの一致した見解は得られなかった。料理については注文時に的確なアドバイスが出来るか否か、皿数によってサーバーの手間隙が違うが、よほど悪いサービスでなければ税加算前の20%をチップとして支払う。

 チップ制度と関係があるのかいまひとつ理解出来ないが、多くのレストランではサーバーが担当する席が決まっており担当以外に頼んでも知らんぷりをされることもある。もしサービスが悪くてチップを少なくするのであれば単にけちなお客だと思われてしまわないためにも、マネジャーに一言伝えるか、クレジットカードのサイン欄に記入した方が良いだろう。

 レストランの従業員が受け取った現金のチップはプールされ、クレジットカードで支払われたチップはオーナーから金額が伝えられチップ制従業員に分けられる。余談だが、法律で顧客の払ったチップはチップ制従業員しか受け取れないことになっているのでオーナーが一部チップをシェフなどチップ制でない従業員への支払いには使えないようになっている。

 そのためオーナーが一部チップをチップ制従業員に渡さず他の従業員の給与や、レストランの修理に回したとサーバーから訴えられるケースが時々報道されている。なお、スターバックスやテイクアウト専門のお店に行くとレジの近くにチップを入れるように瓶が置かれていることがあるが、これは最近の悪しき習慣の例として取り上げられる事が多く、入れる必要はないようだ。

米国を旅行する際はチップの支払いで悩むことが多い

 納得性を高めるために多少細かく書いたが、要はニューヨークのレストランで食事した場合は税加算前に20%上乗せして払えば無難であるということだ。当地でも、ワイン代、ソムリエを食事と分けて考えるのは超高級レストランで食事した場合でチップ上級者に限定されているようだ。自動的に20%のチップをもらえるのであれば、サーバーは何がモチベーションでより良いサービスを提供しようと思うのか疑問だったが、聞いたレストランの格に関わらず、ほとんどのチップ制従業員は最低賃金で雇用されているので上昇志向のあるサーバーは少しでも高収入につながる回転の良い、高級店で働けるように努力しているようだ。

 最後に出張者、旅行者が避けられないタクシーとホテルについて簡単に付け加えたい。タクシーは運賃の10%~20%が目安で距離が短ければ割合を高めにする。その上に荷物をトランクから出し入れしてもらった場合は1つ1ドル~2ドル追加する。もし運転が乱暴であったり、携帯で話す声が大きかったりするなど不愉快な思いをしたらチップを低く抑えれば良いが運転手に嫌な顔をされてもにらみ返すぐらいの覚悟は必要だ。

 ホテルはチェックイン後またはクロークから荷物を運んでもらった場合は1つにつき1ドル~2ドル、部屋の掃除は担当者が交代する可能性もあるので毎日3ドル~5ドルが目安となる。しかし家族4人で1室に泊まった場合や、買い物袋を大量にゴミとして残した場合などは多めに置いておく。車寄せにタクシーがいなくて道までタクシーを拾いに行ってもらった場合は2ドル~3ドルが目安だが、天気の悪いとき、拾いにくい時間帯は多めに払う。

 チップについては多くのアメリカ人も煩わしいと思っているようで賛否両論あるが、当面のところは無くなりそうにないので、少しでも納得性が高くなって、不愉快な思いをしないように自分で考えるしかない。ここに書いたのはあくまで目安でしかないが、チップに対するストレスを減らすうえでお役に立てればと願う。

 注記)本稿に掲載された意見は公開情報に基づく執筆者個人の見解であり、必ずしも大和証券グループ本社及び同社関連会社の見解を示すものではありません。

田代 桂子(たしろ・けいこ) 大和証券グループ本社取締役常務執行役海外副担当(米州担当)、大和証券キャピタル・マーケッツアメリカホールディングス会長。1963年生まれ。86年早稲田大学政治経済学部政治学科卒、大和証券入社。国際引受部を経て91年スタンフォード大学で経営学修士(MBA)取得。93年大和シンガポール、95年大和ヨーロッパ(ロンドン)、99年大和証券グループ本社経営企画部。2004年IR室長。09年大和証券執行役員、11年大和証券キャピタル・マーケッツ執行役員。13年大和証券グループ本社常務執行役員、14年に生え抜き女性として同社初の取締役に就任、現職。
田代桂子 大和証券グループ本社取締役常務執行役のブログでは、読者の皆様からのご意見、ご感想を募集しております。原則、記事公開から1週間受け付けます。
こちらの投稿フォームからご意見をお寄せください。*会員限定

マネー研究所新着記事