マネー研究所

マネー女子力

住居費と教育費のかけ過ぎは老後破産に直結 女性の「おひとり老後破産」を防ぐ3つの極意(1)

2015/7/23

日経ウーマン

 ずっとシングルの人だけでなく、結婚している人も、離婚したり夫に先立たれたりしておひとりさまになる可能性はある。経済的に行き詰まることなく、ひとりの老後を幸せに過ごすための極意は「現役時代にお金を使い過ぎない」「老後にもらえるお金を増やす」「親の介護で仕事を辞めない」。今回は「現役時代にお金を使い過ぎない」ためのポイントを解説します。


 ムダ遣いを減らして貯蓄習慣をつけることが、お金に困らない老後のための第一歩。メリハリのある生活をしていれば、老後の生活費も少なくて済む。

 「年金で賄いきれない医療・介護費用や住宅のリフォーム費用、生活費の予備として、1000万円以上を貯蓄で用意しましょう」(FPの山田静江さん)。夫婦の場合も、できればそれぞれの名義で1000万円をためておくと安心だ。

     


 老後の病気が不安になると、つい保険に頼りがちだが、「保険は適正な保障を、適切な額で備えましょう」(FPの塚原哲さん)。例えばシングルなどで、自分が死んでも経済的に困る人がいないなら死亡保障は不要。貯蓄型の保険ではなく安い掛け捨て型を選び、浮いたお金を貯めるほうが効率的だ。さらに、「ネットで販売される保険や職場の団体保険なら保険料が割安です」(塚原さん)。


     

マネー研究所新着記事