ライフコラム

法廷ものがたり

中古車の隠れた「過去」、転売後に発覚

2015/4/29

 裁判記録をとじた厚いファイルを開き、埋もれた事案に目を向けてみれば、当事者たちの人生や複雑な現代社会の断片が浮かび上がってくる。裁判担当記者の心のアンテナに触れた無名の物語を伝える。

 インターネットオークションで落札した中古の高級スポーツカー。破格の値段で手に入れ、気に入って乗り回していたが、結婚に伴って手放すことにした。転売して半年ほどたったある日、売却先の中古車販売店から苦情の連絡が。車には、乗っている間は気づかなかった「過去」が隠れていた。

 男性は車好きの一家に育ち、家族で使っていた車もエンジンやマフラーなどを改造したスポーツカーだった。30歳近くなり、初めて自分名義で車を買おうと思い立ち、ネットオークションをのぞいた。

 目を引いたのが2人乗りの有名高級スポーツカー。左ハンドルの輸入車で、スポーツカーらしいエアロパーツも気に入った。最低入札価格は333万円。人気車種であることを考えると破格の値段に思えた。

■高級スポーツカー、「最低価格」の333万円で落札

 「事故歴がある」という出品情報の記載が気になったが、書かれていた内容は、誤って駐車場の縁石にぶつけ、バンパーを交換した程度だった。中古車販売業を営んでいる兄に相談したところ、「問題ないだろう」という。迷った末に期限ぎりぎりに入札。ほかに入札者はなく、最低価格の333万円で落札することができた。

 男性は兄を連れ、落札した車を見に行った。業者はエンジンを交換したこと、ブレーキも改造したこと、ボンネットを着脱するにはコツがあることなどを丁寧に説明し、事故の修理箇所も示した。目立った修理痕はなく、男性と兄は問題ないと考えた。「現状販売のため引き渡し後のクレームは受け付けていない」とする確認書に署名し、代金を支払った。

 初めて自分で買った車は快調に走った。不具合といえば、効かないエアコンを修理したことくらい。1年8カ月の間、満足して使っていたが、結婚と新居の購入が重なり、泣く泣く手放すことにした。車はネットオークションに出品したが入札はなく、メールで関心を知らせてきた関西の中古車販売店に250万円で売った。

 車の冠水歴に気付いたのは、その関西の販売店から車を購入した顧客だった。1度でも水につかった車は、故障がなくても部品の腐食や酸化によって将来大きな事故につながるおそれがある。中古車売買では「災害車」として扱われ、告知が必要だ。顧客は販売店に対し「通常の注意では発見できない欠陥がある場合に売り主が賠償責任を負う」とした民法の規定に基づき、契約解除を通知した。

 慌てた販売店は、同じ規定に基づいて元の持ち主だった男性に約300万円の損害賠償を請求すると伝えてきた。新居で新婚生活を始めていた男性にとっては、まさに「寝耳に水」のクレームだったに違いない。男性はオークションサイトに車を出品していた業者にだまされたと思った。玉突き事故のように、男性は「冠水歴のあることを隠して販売したのは詐欺だ」として、約2年前に兄とともに訪ねた業者を訴えた。

 車が豪雨で20センチほど水につかり、メーンコンピューターが壊れてエンジンがかからなくなったのは、その業者が買い取るさらに2代前の持ち主の時のことだった。動かなくなった車を20万円で下取りしたディーラーから業者が60万円ほどで買い取り、車体にゆがみやサビがないことを確認した後に車体の一部を残してエンジンやブレーキ、サスペンションなどをすべて交換。サーキット走行などに3年ほど使用して「何の問題もない」と判断し、ネットオークションに出品していた。

 業者は裁判で「販売した車は災害車ではない。冠水歴のある車からパーツ取りして新たに製作した車だ」と主張した。

 地裁の判決は「詐欺だ」とする男性側の訴えを認めなかった。「災害車であることを隠して販売した」というのが詐欺であり、そもそも業者に災害車としての認識がなかったとすれば、その前提が成り立たないからだ。

 ただし、水につかったことのある車をオークションサイトに出品する場合、冠水の事実や内容などを明記する必要がある。判決は「今回のように冠水の影響のない部分をパーツ取りして制作した改造車でも、元の車が冠水した事実や内容は売買の判断に影響する」と指摘。この点で業者側に説明義務違反があったと認め、33万円の限度で賠償を命じた。双方が控訴したが、高裁で同内容の和解が成立した。

■プロも見逃した冠水歴、顧客が気付いた理由は…

 愛車を1年8カ月乗り回した男性と中古車販売業を営む兄。そして売却先の関西の中古車販売店が気付かなかった冠水歴に、なぜ顧客は気付くことができたのか。その理由は裁判に証拠提出された、ある男の陳述書で明らかになった。

 「『水没した車を買って、電柱に突き刺さって全損する大事故を起こしたが、完全に修理してオークションサイトで売った』と、以前親しくしていた業者から自慢話を聞かされたことがある」。男はその後に業者と取引上のトラブルなどから仲たがいし、わざわざ水没した車の行方と所有者の顧客の連絡先を調べて「あなたの買った車に冠水歴がある」と伝えたのだった。

 陳述書に書かれていた「大事故」について、業者側は証人尋問で「電柱にぶつかる事故を起こして900万円くらいの保険金が出た」と認めた。水没だけでなく、そんな事故まで。訴えた男性は証人尋問で「知っていたら、そんな危険な車にはそもそも乗らなかった」と力なく振り返った。

(社会部 山田薫)

ライフコラム