MONO TRENDY

デジモノNAVI

無料で「覚える・聴く・話す」 スマホ英語アプリの実力 日経トレンディ

2014/10/16

日経トレンディ

 移動中や休憩など、ちょっとした時間を有効活用して英語を学習したいなら、常に持ち歩いているスマートフォン(スマホ)を使わない手はない。スマホ用の英語学習アプリは数多くあり、どれも短い隙間の時間で英語を学びやすいように作られている。画面のタッチ操作や文字入力を学習に取り入れるなど、スマホならではの機能を生かしているのも特徴だ。しかも、無料のアプリも多いので気軽に始められる。

 スマホアプリを使った学習方法は、大きく分けて3つある。まず、「聴く」アプリ。英語の聞き取り能力アップに重点が置かれており、古くからある「聞き流す」タイプの英語学習教材に近い。

スマートフォンのアプリを利用した学習法は、英語教材としてこれまでも一般的だった音声を繰り返し聴く方法だけではない。単語の意味や会話の内容に関するクイズに解答し、音声を聴きながら文章の一部をキーボードで入力するなど、ゲーム感覚の仕掛けが満載だ。さらに最近は、スマホのマイクに向かって文章や単語を話して学ぶアプリも増えている。音声認識機能を活用することで、発音をチェックできるのは便利

 次に「覚える」アプリ。画面に単語や熟語が3択などのクイズ形式で表示され、それに繰り返し答えることで覚えていくものだ。ゲーム感覚で楽しめる“現代版の単語帳”と言っていいだろう。

 スマホならではの学習法が、3つ目の「話す」だ。スマホに内蔵したマイクに向かって英語で話すと、音声認識機能によって正しい発音の場合だけきちんと認識される。つまり、声に出して覚える機能と、発音チェックの機能を兼ね備えているわけだ。

■話しながら学べる

 このように、スマホの英語学習アプリは着実に進化を遂げている。今回は数多くあるアプリのなかから、この3つの視点で厳選した「使える」10のアプリを紹介する。

 まず最初に、スマホに向かって話しながら学ぶことに重点を置いたアプリだ。使いやすかったのは、「Real英会話」と「Duolingo」。どちらのアプリも会話などの音声を聴くだけでなく、聞き取ったフレーズをキーボードで入力したり、マイクに向かって英語でしゃべって質問に答えたりできるのが特徴だ。

 なかでもDuolingoは、外出先などではマイクを使う出題をオフにする機能があるので、電車通勤の際にも便利。1時間後には自動でマイクの利用が再びオンになる。

 Real英会話もDuolingoも英語の発音が正確でないときちんと認識されないので、英語の初級者にとっては少し難しいかもしれない。それでも根気よく続ければ、正しい発音の習得に役立ちそうだ。

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL