マネー研究所

  • クリップ

20代から始めるバラ色老後のデザイン術

月に1万円以上使うなら「お金がかかる趣味」 趣味の持ち方(2)

 

2014/9/9

 今月のテーマは「趣味」です。趣味を持ち仕事以外にも生きがいや楽しみを持つ人は、オンとオフの切り替えが上手で、ストレスを解放することができます。また、趣味を通じて得られる人間関係は仕事上の肩書を離れ、長いつきあいになることもあります。

 とはいえ、趣味はお金がかかる問題でもあると先週指摘しました。今週は「カネがかかる趣味」と「カネがかからない趣味」があることを考え、どう趣味を持つべきか整理します。

■オタク的趣味は12種類、市場規模4100億円?

 野村総合研究所が2005年10月に公表した書籍「オタク市場の研究」によれば、オタク的なマニアックな趣味について12分野の市場があり、人口は170万人、市場規模は約4100億円と推計しました。

 コミックやアニメ、ゲームといった新しい趣味もあれば、車や旅行、AV機器、カメラのように昔からの趣味もあげられており、興味深いリポートです。しかし、趣味はカジュアルに楽しむ人も多く、市場はもっと大きいと思います。

 そこで、これに先週紹介した電通総研「好きなものまるわかり調査」の項目などを参考に、私の独断と偏見で「趣味」一覧を考えました。

 カルチャースクールをのぞくと驚くほどのテーマがありますので、このリストはあくまで一例と考えてください。書かれていない趣味がある人は「お金がかかるかそうでないか」を自分で分類してください。

【お金がかかる趣味】
 コミック アニメーション ゲーム 芸能人・アイドル 観劇(映画) 音楽鑑賞(コンサート) ITガジェット 自作PC AV機器 車やバイク 旅行(国内・海外) グルメ ファッション カメラ 鉄道ファン コレクター(骨董等) ギャンブル タバコや酒

【比較的お金がかからない趣味】
 ネットブラウジング SNS カラオケ 友人とお茶飲み話 美術鑑賞 散歩・街歩き 歴史マニア 純文学ファン 美術創作(絵画や作陶など) 俳句や詩を書く スポーツ(自分でする場合と観戦する場合) ペットを飼う

■カネがかかる趣味はひとつかふたつにする

 リストを参考に、自分の趣味がお金がかかる趣味かそうでないか「自分の趣味一覧」を一度作ってください。趣味の経済的な負担について、一度可視化するといいでしょう。

 このとき、ひとつの基準として「1カ月に1万円以上かかる」なら、お金がかかる趣味と考えてください。リストにあげた趣味も実際にはお金がかからない場合があるからです。例えば「アニメはテレビで見るだけで、ブルーレイは買わない」とか「コンサート行くけど、年に数回くらい?」という人は過剰な消費額ではありません。

 「車の買い替えは数年ごと、メンテナンスや改造に年50万円以上かかる(車検や駐車場代、ガス代を足すと年100万円以上)」とか「デジタル一眼レフカメラ(本体)を毎年1つは買い、レンズも毎年買っている」といった趣味はまさにカネがかかる趣味です。年間にどれくらい使っているか把握していないことが多く、一度はメスを入れたいものです。

 お金がかかる趣味を複数持つと経済的に厳しいでしょう。趣味は楽しいですが、趣味が毎月の家計を圧迫するということは、中長期的にみれば資産形成の阻害要因です。住宅購入や老後の資金確保に赤信号が出る恐れがあります。趣味に家計が支配されている状態は避けなければなりません。

 苦渋の決断かもしれませんが、多趣味な人は「趣味のリストラ」を考える必要があるかもしれません。お金がかかる趣味はせいぜい2つだと思います。

  • クリップ

マネー研究所新着記事