ライフコラム

子どもの学び

ハーバード流、高校生の鍛え方 徳島で出前授業

2014/9/6

 人口5000人に満たない徳島県のある町にこの夏、米ハーバード大学や英オックスフォード大学など米欧の著名大学に通う若者9人がやって来た。迎えたのは地元の高校生ら40人。太平洋を望む合宿所で1週間、寝食を共にしながら、大学生らが出前授業をするという。将来への夢や不安でいっぱいの高校生たちは、異国の先輩から何を学んだのか。ビデオカメラと共に迫った。

■「リベラルアーツ」が土台に

米ハーバード大の学生と徳島県の高校生が夏合宿。高校生たちが体験した濃密な国際体験とは……

米ハーバード大の学生と徳島県の高校生が夏合宿。高校生たちが体験した濃密な国際体験とは……

 徳島全土が阿波おどりに沸いた8月中旬。県南部の牟岐町で、高校生らが海の向こうからの客と初顔合わせした。この日から6泊7日で催される「徳島サマースクール by H―LAB(エイチラボ)」の参加者で、県内から30人、県外から10人が選抜された。参加動機は「英語が好きなので、ネーティブスピーカーと交わることで会話力を上げたい」「大学から留学できるかを確かめたい」「世界を身近に感じるため」など様々だ。

 企画・運営したのはH―LABという大学生らが運営する団体。「H」は「Harvard(ハーバード)」と「High school student(高校生)」に由来する。

 今回の合宿は、グローバル人材を育てるため英語教育を充実させたい徳島県がH―LABに働きかけた。H―LABは同様のプログラムを3年前から東京などで手掛ける。合宿形式にこだわるのは、寮生活を通じ、先輩との密な付き合いを重ねながら自分を見つめ直し、視野を広げていくハーバード大の伝統をモデルにしているからだ。異なる文化や考え方を理解できる総合力を身につけさせるリベラルアーツ(教養教育)の考え方が土台にある。

 大学生たちは手作りで自分の専門分野を教える。セミナーと呼ぶ少人数授業のラインアップには、個性豊かなテーマが並ぶ。「モダンダンス入門」「身近な化学―せっけん」といった軟らかめのものから、「現代アメリカ合衆国の様々な素顔―善・悪・卑劣」「政治における中立とは―人道主義における日本の役割」といった硬派なものまである。

 セミナーは何度も開かれ、参加者は自分が関心を持った複数の講義を受けられる。合計で12時間もの時間をあてているのは、高校生に多様な考えを許容し、自らの意見を持つことへの意識を高めてほしいからだ。

 ある授業をのぞいてみると、ハーバード大で医学を学ぶ女子学生が高校生に意見を求めていた。集まった高校生は5人。米国で起きた実際の出来事を次々と取り上げる。登場人物の行動は、是か非か。「米中央情報局(CIA)元職員のエドワード・スノーデン氏が、米国家安全保障局(NSA)による個人情報の収集活動を暴露した事件はみんな聞いたことがあるかな。詳しくはこの資料を読んでね。スノーデン氏の行為はよいことか悪いことか、どう思う。3分考えてみて」

車座になって議論するのがハーバード流

 セミナーでは、是非を尋ねたうえで、一人ひとりにそう考えた理由を求める。「悪いことだと思う。守秘義務を背負ったうえで政府に雇われていたのに、それを破ったから。暴露したことで米国民を危険にさらした」「よいことだと思う。普通の国民が盗聴されていることを知らせたことには意味がある」。

 セミナーでは、たとえ拙くても高校生が英語で答えることを促す。必ずしも英語が得意でない高校生もいるため、配慮もしている。講師役である海外の大学生と、日本語と英語のバイリンガルである大学生がペアを組み、ときには日本語を使って手助けするのだ。

■失敗恐れず「自分の考え伝えたい」

 参加者の高校生も、やる気をかき立てられるようだ。地元の高等専門学校に通う3年生の住友美海さんに2日目の夜に尋ねた。「少人数での授業は、最初は緊張した。でも、人との距離が近い分、深い話も聞けるし、自分と違う考えを持つ人の意見もじっくり聞けた」。そのうえで「自分の意見があっても英語でうまく表現できなくて悔しい思いもあった。失敗を恐れず、多少間違った英語でも頑張って自分の考えを伝えたい」と、自らを奮い立たせていた。

 宿泊先は全員が一緒だ。「牟岐少年自然の家」という合宿施設で、2段ベッドの並ぶ部屋に寝泊まりする。同じ食事を食べ、共同風呂を浴び、夜には畳の部屋で語り合う。車座になって、大学生は自らの経験を披露しながら、高校生の質問に応じる。この車座はハーバード流を模した象徴的なものだ。社会人のゲストも日替わりで訪れ、各界の第一線で活躍する人と高校生が対話する。年齢や国籍、興味の対象もまるで違う人々が距離を一気に縮めることを狙っている。

ライフコラム