MONO TRENDY

津田大介のMONOサーチ

20年20台!津田大介がたどり着いた理想のノートPC

2017/5/24

 僕がノートパソコンに求める条件を「対応力」と言い換えてもいいと思う。“全部入り”で対応力抜群のモデルが出てきたのだから購入しない手はない。発売後すぐに入手してVAIO S11から乗り換えた。バッテリーの持続時間が長いことも含めて、やはりこのモデルは20周年だけあって理想のレッツノートになっている。欲を言えば、これでもう少し、薄くて、軽くて、安いといいんだけど……。

■歴代のノートパソコンを振り返ると・・・

 実はレッツノートとは関わりが深く、数年前までパナソニックのイベントに出たり、機能要望を出したりといった仕事もしていた。例えば、「バッテリーが2個付いていれば、バッテリーが切れたときにパッと交換できる。ありがたいと思う人は多いはず」という話をしたことがある。それがきっかけかどうか定かではないが、結果的にレッツノートには標準でバッテリーが2個付属することになった。

昔とはワークスタイルが大きく変わったが、通信環境の進化とDropboxなどクラウドサービスのおかげで快適に仕事ができる

 レッツノートとVAIOのほかにも東芝のDynaBookや富士通のLOOXなど、これまでにさまざまなモデルを使ってきたが、ノートパソコンには常に「帯に短したすきに長し」という感覚があった。つまり、「これはいいけどバッテリーの駆動時間が短い」とか「画面が小さい」など、どこか必ず不満のポイントがあるのだ。ソニー製品でいえば、メモリースティックのスロットはあるけどSDカードのスロットがないなど、細かいけれど重要なポイントだ。

 そういう不満が初めてなくなったのは2005年に買ったソニーのVAIO type Tだ。バッテリーが持たなかったDynaBookと比べて体感時間で2倍くらい、4~5時間は平気で使えた。小さかったし、本当に便利だった。メモリースティックスロットに加えて初めてSDカードのスロットが付いたのがこのモデルだ。

 駆け出しのころに購入したNECのモバイルギアも印象に残っている。World PC Expoの取材で幕張メッセに行き、プレスルームでモバイルギアでリポートを書き、公衆電話にモデムで接続してメールで原稿を送った。そのとき「ああ、俺も記者になったんだ!」と、すごく感慨深かった思い出がある。

 1997年にライターになって今年で丸20年になる。この間に使った20台のモデルを一覧表にしたのでご覧いただきたい。読者の皆さんにとっても、懐かしく感じられるモデルが1台か2台はあるのではないだろうか。1年に1台買っている計算になる。これは僕が新しいノートパソコンを買う際、それまで使っていたノートパソコンを知人などに安く(購入時の半額くらいで)売っていたからだ。知人は安くそこそこの性能のノートPCを手に入れられるし、自分は仕事用の最新ノートパソコンを安く購入できる。今はメルカリなどもあるからこうしたスタイルもやりやすくなっているはずだ。

津田大介
 ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。「ポリタス」編集長。1973年東京都生まれ。メディア、ジャーナリズム、IT・ネットサービス、コンテンツビジネス、著作権問題などを専門分野に執筆活動を行う。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)、『動員の革命』(中公新書ラクレ)、『情報の呼吸法』(朝日出版社)、『Twitter社会論』(洋泉社新書)、『未来型サバイバル音楽論』(中公新書ラクレ)ほか。2011年9月より週刊有料メールマガジン「メディアの現場」を配信中。

(編集協力 島田恵寿=コンテクスト、写真 吉村永)

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL