マネー研究所

ポイント賢者への道

ネットショッピング 「モール経由」でポイント増量 ポイント賢者への道(11)

2017/5/17

PIXTA

 ネットショッピングを利用する人は多いでしょう。筆者もよく買い物をしてクレジットカードで決済し、ポイントを得ています。その際ポイントを多く稼ぐ方法があります。通販ショップから直接注文するのではなく、「ポイントモール」と呼ばれるサイトを経由して買い物をするのです。

 ポイントモールはクレジットカード会社や航空会社、銀行など、さまざま企業が運営しています。画面には楽天市場、Yahoo!ショッピングといった通販ショップのロゴが表示され、モールに登録・ログインした後、ショップに移動して注文・決済すると、通常よりも多くのポイントを獲得できます。

 なぜ、経由するだけでポイントが増えるのでしょう。モール運営会社は通販ショップと提携しており、買い物客を誘導してあげる見返りに、通販ショップから紹介料を受け取ります。その一部をポイントとして利用者に還元しているのです。モールの運営会社、通販ショップ、そして利用者それぞれにメリットがある仕組みになっています。

 最近は、新興企業がポイントモールを立ち上げる例も増えており、「ポイントサイト」「お小遣いサイト」などと呼ばれることもあります。通販ショップだけではなく、証券会社やFX会社、保険代理店、引っ越し業者、旅行会社、美容サロンなど様々なサービス事業者と組んでいます。利用者はサイトを経由して口座開設や資料請求、一括見積もりなどを依頼するとポイントをもらえます。

 ただし、一括見積もりを依頼したとたん、勧誘のための電話やメールが大量にくるという事例も報告されています。ポイントを稼ぎたいあまり、必要もないサービスを利用するのは避けましょう。次回から、ポイントモールの具体的な使い方を見ていきます。

菊地崇仁
 北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、NTTに入社。社内システムやLモードの料金システムの開発などに携わり、2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。06年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。一般からプラチナまで、57枚のクレジットカードを所有。

[NIKKEIプラス1 2017年5月13日付]

マネー研究所新着記事