WOMAN SMART

ファッション

バッグを着る? 両手を解放する新発想ファッション 宮田理江のおしゃれレッスン

2017/5/10

(中央)MARNI 2017年春夏ミラノコレクション (左、右)N°21 2017年春夏ミラノコレクション

 バッグはファッションの大事なパーツですが、最近は「持たないバッグ」が脚光を浴びています。着脱できるバッグを服に外付けしたり、ベルトにミニバッグを組み込んだりと、目新しい「着るバッグ」が登場。女性の両手を荷物から解き放つハンズフリーのおしゃれは気持ちまで軽やかにしてくれそうです。

 男性は意外に知らないことですが、女性用の服はポケットのないデザインが一般的です。男性用はジャケットやパンツにポケットが付いています。でも、女性用ウエアは物をしまうスペースが省かれていて、バッグに収めるか、手でつかむ以外に選択肢がなかったのです。オフィス街のランチどきに、女性が小ぶりのバッグを提げたり、財布を素手で持っていたりするのは、それが理由です。

 ところが、近ごろはスマートフォンをはじめ、ポイントカードや入館証など常に持ち歩くものが増える傾向にあり、収納スペースを服に求めるニーズが強まってきました。春から夏にかけてはハンカチで汗をふいたり、日傘をさしたりする機会も多くなり、ますます両手を荷物から解放したくなります。

 そういった気分にこたえるかのように、大ぶりのポケットを備えた服や、まるで着るように斜め掛けできるミニバッグが世界の主要ブランドから相次いで提案されています。両手が空くと、腕を振って伸びやかな気持ちで歩けるのに加え、ビッグポケットやミニバッグは着こなしのアクセントにもなってくれます。

■MARNI(マルニ)

MARNI 2017年春夏ミラノコレクション
MARNI 2017年春夏ミラノコレクション

MARNI 2017年春夏ミラノコレクション

 ミラノモードの有力ブランド「MARNI(マルニ)」は、服と一体化したバッグをウエストのあたりにあしらいました。トレンチコートをコンパクトにアレンジしたようなジャケットでは、両胸に付けた蓋付きポケットのほかに、小型ノートパソコンが入りそうなバッグを特大ポケットのような見栄えで腰の近くに張り出させています。朗らかなふくらみを帯びたバッグはジャケットと同じ布地で仕立ててあるので、服の一部に見えつつも、意外感の高いボリュームが装いを立体的に演出。しかもこのバッグは取り外しが利くので、着ていくシーンに合わせて着脱をチョイスできます。

 上下を同じ生地でそろえた「セットアップ」にも、ウエストに張り出しバッグをオン。左右でバッグのサイズが異なるので、着姿にユーモラスなリズムが生まれています。過剰なまでにボリューミーなふくらみ具合だから、ウエストがほっそり映る効果も期待できます。

 バッグをベルトに取り付けるアレンジもサプライズな印象をもたらします。かつて流行したカジュアルなウエストバッグとは違って、こちらは人工レザーの質感がシックなたたずまい。レッド主体のたおやかなワンピースに黒のベルトとバッグが大人っぽいムードを寄り添わせています。

[画像協力]MARNI http://www.marni.com/jp

WOMAN SMART新着記事