くらし&ハウス

トレンド

粋な仕事人の着流し服 男前=江戸っ子=スーツ姿

GOETHE

2017/5/12

GOETHE

 江戸っ子といえば "粋でいなせ" という褒め言葉があるように衣装にこだわることでも知られている。加えて、大の初モノ好きとくれば、最新のスーツを選ばずにはいられない。ということで東京の名所をバックにした、新作スーツスタイルをご覧あれ。




左:AUSTIN REED、右:DUNHILL

名作ファブリックを軽やかに仕立てた1着 AUSTIN REED

 ドーメル社が長年の伝統で培ったフィニッシング加工を施した、革新的な風合いを持つ素材が"アイコニック"。3シーズン着用できるウールの生地感は、軽やかにして涼しげ。明るいネイビーに赤のラインをあしらったオーバーペン柄は、出すぎず、控えすぎずといった、ほどよい個性が感じられる。またライニングには1930年代の芸術家が描いたふたりの男性のイラストが入る。スーツ¥245,000、シャツ¥23,000、タイ¥15,000(すべてオースチン リード/トレンザ TEL:072-856-9871)、ハット¥63,000(ボルサリーノ/ボルサリーノ ジャパン TEL:03-3230-1030)

シルエットに見る英国スタイルの粋 DUNHILL

 ブランドを代表する"ベルグレービア"は、サヴィル・ロウからインスピレーションを得た、クラシカルな英国的シルエット。深めのサイドベンツ、ビルドアップしたショルダーといったディテールでオーセンティックな英国らしさを醸しつつ、サイズ感はモダンに。ショールカラーのダブル仕立てのウエストコートがエレガントさを強調する。スーツ¥390,000、シャツ¥53,000、タイ¥18,000、チーフ¥12,000、タイバー¥25,000(すべてダンヒル/リシュモン ジャパン TEL:03-4335-1755)、ハット¥110,000(ボルサリーノ/ボルサリーノ ジャパン TEL:03-3230-1030)




素材が醸す、軽さと上品なモダニズム HERMES

 2017年春夏のコレクションのテーマである、軽やかさを体現したスーツは風に靡(なび)くほどのライトな着心地。生地は縦糸と横糸を異なる色糸で織ったもので、今季のキーカラーであるブルー・コバルトが玉虫色のように光の加減によって異なる表情を見せる。裏地、芯地、肩パッドなしの一枚仕立てのジャケットと細身のパンツからなるスーツは、気負わないビジネススタイルを好む、大人の男にふさわしい上品かつモダンなテイストが漂う。スーツ¥397,000、シャツ¥57,000、タイ¥24,000、ベルト¥109,000(すべてエルメス/エルメスジャポン TEL:03-3569-3300)

くらし&ハウス