オリパラ

オリパラSelect

スポーツの春、女性客取り込め 大手用品メーカー奔走 靴にハイテク素材、人気女優とのコラボも

2017/4/14 日経MJ

アディダスは女性限定のランニングコミュニティーを創設して女性客の取り込みを狙う

 大手スポーツメーカーが女性向けの品ぞろえに力を入れている。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けたスポーツ熱の高まりや日常的にスポーツ用品を身につけるアスレジャーの流行などで女性向け製品拡大の要望が急増。女性専用シューズやスポーツコミュニティーの設置、人気女優とのコラボレーションなどを打ち出し、市場拡大を狙う。

 アディダスは女性限定のハイテクランニングシューズ「ウルトラブーストX」を発売した。クッション性と反発力を備えた素材「ブーストフォーム」を搭載。特殊なポリウレタンビーズに独立気泡をとじ込めて連結。従来素材よりも飛躍的に機能が向上し、筋力の少ない女性でも楽に走ることができるという。

 発売に合わせて表参道に女性限定のランニングステーション「ラウンジX」を期間限定でオープン。ウエアやシューズを無料で貸し出し、更衣室も提供。手ぶらで都心をランニングできるとしてこれまでスポーツになじみのなかった女性客も多く訪れた。

 アディダスはアスレジャーの定着により、17年のスポーツ市場で女性向けスポーツ用品が最も注力すべき分野の一つと分析する。

 米国では20年にアスレジャー市場が1千億ドル(10兆円)に拡大するとの調査があるが国内でも15年から流行し始め、17年には定着するとみる。

 アディダスは拡大する女性需要を取り込もうと、女性向けスポーツコミュニティー「ミーキャンプ」を設置した。都内のアディダスストアなどで専門のコーチがバイクエクササイズやピラティスなどを指導。当初は年間参加人数2千人を目指していたが、抽選になるほど人気だという。

ゴールドウインはダンスキンブランドのトレーニングウエアやバレエウエアを拡充する

 ゴールドウインは女性用スポーツウエアブランド「ダンスキン」から、バレエウエアなど約30アイテムを発売した。ゴールドウインの直営店「サタディ・イン・ザ・パーク」など7店舗と全国の百貨店、セレクトショップで販売。4月には名古屋市の商業施設「タカシマヤゲートタワーモール」内にもダンスキンを中心とした複合ショップをオープンする。

 米国発祥のダンスキンはもともとはバレエブランドで、バレエの持つエレガントなイメージをブランドに根付かせる狙いだ。スポーツ分野を問わず広く着用できるトレーニングウエアも販売し、販売増につなげる。

 ダンスキンブランドのトレーニングウエアは、日本では主にヨガウエアとして知られている。近年のヨガブームで競合商品が増えているが、ヨガウエアの販売は堅調に成長。ここ5年間のブランド売上高は前年比10~15%増が続いており、女性需要の急増で市場拡大を見込めると判断した。

 ウエアには生地の表面に特殊なはっ水加工をほどこした。生地が吸い込んだ汗が表面ににじむ前に揮発するのが特徴で、トレーニング中に汗染みができにくい。運動中も見た目を気にするオシャレな女性ユーザーを取り込む。

 米「アンダーアーマー」を日本で展開するドーム(東京・江東)は3月、女優の長澤まさみさんと日本人女優としては初となるアドバイザリー契約を結んだ。

 短文投稿サイト「ツイッター」や写真共有サイト「インスタグラム」、交流サイト「フェイスブック」などに「アンダーアーマーウーマンズ」の公式アカウントを開設。強く美しい女性像を打ち出し、「スポーツを通じて女性を豊かにする」ことを目指していく。

 インスタグラムではスポーツブラの特集やドームのメッセージ動画を配信。今後はアンダーアーマー直営店や一部量販店の店頭プロモーションも実施する。ターゲットはスポーツをする全ての女性で、スポーツを通じて体を美しくする意識の向上を消費者に促すとしている。

(宇都宮想)

[日経MJ2017年3月24日付]

オリパラ新着記事