グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食べ物 新日本奇行 classic

月見そばの「正しい食べ方」 卵は混ぜるか、沈めるか 卵(2)

2017/4/16

 卵について話題が尽きない。卵焼きが甘いか甘くないか問題は、実は「日本の甘味処」で既報である。過去にさかのぼって読んでみるのもおもしろい。

 さて、こんな卵の食べ方も。

たまごサンド=PIXTA

ご意見 我が家では、目玉焼きにはマヨネーズです。卵焼きの味付けを忘れてしまったときもマヨネーズです。父はマヨネーズ&ウスターです。私もときどきします。最近は体重も気になるのでウスターのみが多いです。
 それと、疑問に思ってたことがありまして。サンドイッチの具にする卵はどんなものでしょう? ”ゆで卵とマヨネーズを混ぜたもの”がメジャーだと思うのですが、私が小さいころ(…25年前か)我が家では”いり卵をマヨネーズで和えたもの”でした。
 私が家庭科で習ってきたか、友達の誕生会で食べてきたかでゆで卵版も加わりました(Native関西人さん)

 ゆで卵で作るより手間はかからないのではないだろうか。ちょっと砂糖で味付けしたらおいしいかも。

ゆで卵かけご飯

ご意見 朝食の定番、卵かけご飯は生卵が普通なのでしょうが、実家では結構ゆで卵でやっていました。正確には混ぜご飯でしょうが。固ゆで卵をご飯の上にのせ箸で砕き、醤油をかけてかき混ぜて食べていました(あがきた@新潟さん)

 ずるずる感なき卵かけご飯。どんなんだろう。

 デスク宛のメール?

ダチョウのたまご

ご意見 私はダチョウの目玉焼きを食べたことがあります。まず、ダチョウの卵を割るのがひと苦労。ダチョウの卵の殻は厚くて固い。厚さ5ミリくらいもあったでしょうか。まるで陶器のような質感です。素人には割れませんよ、とダチョウ牧場の人が糸のこみたいなもので傷をつけてくれましたが、中身を取り出すのに30分くらいかかったでしょうか。
 ニワトリの卵20個分くらいの量です。大きめのホットプレートにあふれんばかりのボリューム。厚みがありすぎて、焼きあがるのにも時間がかかりました。そして、その味は…卵の味…。多少濃厚な感じはありましたが、普通の卵とほとんど変わらない。あんなに苦労したのに、とかなり拍子抜けしたのでした。
 ヘルシーなお肉として注目のダチョウは北海道でも飼育されています。雪の中を走るダチョウの姿というのはなかなかシュールですよ(札幌生まれ札幌育ち道産子三代目 雪あかりさん)

ダチョウのステーキ=PIXTA

 ダチョウの卵より、鵡川のししゃもが食べたい。デスクって久留米のやきとりフェスタでダチョウかなんと格闘してなかった?

デスク 卵は食べてないんですが、以前JR北K道が養殖しているというダチョウをごちそうになりました。砂肝が美味しかったです。あと肉がちょっと牛肉っぽい赤身で、それを土佐造りにしたものをいただきました。牛の味わいで、鳥のカロリーなのだそうです。

 新たな党派ができるか?

温泉卵の月見そば

ご意見 最近の立ち食いそばで、月見なのに生卵ではなく温泉卵を出すところが現れ、非常に憤慨しております。
 月見や天玉を注文しあつあつを手にしたとき、まず、生卵をそばの下に沈めて温まるのを待ち、白身が適当に煮えて周りが白っぽくなったのを熱いそばつゆをすするときの火傷よけにしながらすすり、黄身のみ残ったものを再度そばの下にしのばせます。
 そしてそばが終わりに近づいて、再び黄身を崩さずにすすると半熟とはいいませんが、適当に温まった黄身の味が楽しめる上に、黄身でそばつゆが甘くならずに最後まで出しの味を楽しめるという、卵ひとつで複数の楽しさを味わうことができるのです。
 ところが、温泉卵が来てしまうと、私のような生卵かきまぜない党にとっての微妙な白身や黄身の温め加減が楽しめないのみならず、反動分子である生卵かきまぜ党の甘いそばつゆ趣味さえもうばわれてしまうのです。
 ぜひ、このような温泉卵エイリアンの侵入をふせぐべく論争を立ち上げていただけませんでしょうか(チキンラーメンだけは生卵をかきまぜて卵とじで食べてしまうので党首に立候補できない「生卵かきまぜない党」党員:宮島 愛知在住さん)

グルメクラブ新着記事