MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

こんなにある、アイロン不要ワイシャツ 色柄増え人気

2017/3/16

自宅の洗濯機で洗ってもしわにならない「ノーアイロンシャツ」が増えている

 洗濯してもしわになりにくい加工を施した形態安定シャツ。20年ほど前に登場し、現在ではワイシャツの「標準装備」といえるまでに浸透したが、そのシャツが近年「ノーアイロンシャツ」として、さらなる進化を遂げている。

■クリーニング代の軽減やアイロン掛けの負担軽減に

 東京で営業職をしている20代の男性はここ2年ほど、ワイシャツを購入する時はノーアイロンシャツを選ぶようにしている。それまでは自分で洗濯するのが面倒でクリーニングに出していたが、ノーアイロンシャツにしてからは自宅で洗うようになった。「それまで買っていたシャツよりも値が張るが、クリーニング代や手間を考えると割安」。また、外回りで動いてもしわになりにくいことも気に入っている理由だという。

 夫婦で働きながら子育てしている勝田絢子さんも夫のシャツにノーアイロンシャツを取り入れている。アイロンがけの手間が省けるのがうれしいという。「シワもほとんど気にならない」と勝田さん。紳士服店でまとめて購入するそうだ。

 個人向けに洋服選びなどのスタイリングを行うパーソナルスタイリストのみなみ佳菜さんも、ノーアイロンシャツに注目している。

 「ここ2年ほどで、ノーアイロンシャツもバリエーションが増えてきました。これまで化学繊維のものばかりだったのが、コットン100%のものも増え、着心地も良くなっています。売り場でも以前は隅のほうに少し置かれている程度だったのが、最近はどこからどこまでがノーアイロンシャツのコーナーかわからないほど広がってきています。スタイリングする際にも、奥様のアイロン掛けの手間やクリーニング代の負担が軽減されることを考え、ノーアイロンシャツをおすすめしています」(みなみさん)

■改良を重ねヒットしたはるやま商事の「アイシャツ」

 昨年11月、はるやま商事は「i-Shirt(アイシャツ)」(税込み5508円~)の累計販売枚数が150万枚を突破したと発表した。アイシャツは2009年4月に発売された、ノーアイロンシャツの先駆けともいえる商品。「完全ノーアイロン」をうたった同社のヒット商品だ。

はるやま商事の「i-Shirt(アイシャツ)」(税込み5508円~)。発売当初は生地が分厚くポロシャツのようだったが、改良を重ね、普通のシャツと遜色なく着られるようになった

 シャツがしわにならないかどうかは、W&W性(ウォッシュ&ウエア性)という洗濯後のしわの残り具合を示す数値によってあらわす。これが3.2級以上だと「形態安定」と表記することができるが、アイシャツはこのW&W性において最高水準の5.0級を獲得している。形態安定シャツでも洗濯後しわが残ることは多いが、アイシャツはしわの残りやすい縫製部分にもしわができにくい。

 「発売当初は生地が分厚く、『ワイシャツなのにポロシャツのよう』という声もありましたが、改良を重ね普通のシャツと変わりなく着られるようになりました」(はるやまホールディングス広報担当)

 2014年には累計販売枚数が50万枚を突破。この年には、実際にシャツを着る男性ではなく、主婦層に向けて毎日のアイロンがけが不要になることをアピールしたCMを展開したところ、「少しでも家事の負担を減らしたい主婦のお客様の関心を集めた」(はるやまホールディングス広報担当)。これが売り上げの増加につながり、2年ほどでさらに100万枚を売り上げた。同社の紳士服店「P.S.FA」では、アイシャツだけをまとめて購入する人も多く、夫のシャツを購入する主婦層や一人暮らしのビジネスマンのほか、就活生からの人気も高い。

 「アイシャツはアイロン不要なことに加え、部屋干しでも50分で乾くのも特徴の一つです。さらに、抗菌・消臭加工がされているので部屋干し独特の臭いもつかない。就活生はあまりたくさんシャツは買えないですし、少ない枚数で着回せることから好評を得ています」(はるやまホールディングス広報担当)

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL