MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

挟むだけの進化形ファイル 効率アップの時短文具12選

日経トレンディ

2017/3/4

■2種の黒が入った多機能のボールペン

オピニ 使い分けボールペン(シヤチハタ/実勢価格540円・税込み)

ペン先をひねって素早くチェンジ。13cmと短いため、浅い胸ポケットにも収まりやすい

 1本に3色が入ったボールペンとは異なり、0.7mmの赤・黒の油性ボールペンと0.5mmの黒のゲルインクが組み合わさった異色ペン。手帳には小さな文字に向くゲルインクで、複写伝票は油性ボールペンで……と、すぐ使い分けられる。

■さらさら書いた文字がすぐに乾く爽快感

サラサドライ(ゼブラ/実勢価格145円・税込み)

左利きの人が使っても、書いた文字を手の側面でこすって汚すことが少ない

 軽快な書き味が特徴のサラサシリーズの超速乾タイプ。紙に浸透しやすい新成分のインクで、従来品に比べて乾燥時間を約85%も短縮した。書いた直後にこすっても紙や手が汚れず、会議録の走り書きなどでもストレスなく使える。

■8回転で鉛筆削りが完了する時短アイテム

STAD 2枚刃鉛筆削り(クツワ/実勢価格410円・税込み)

大きめのケースで連続して使える。削り穴はシャッター付きで、削りかすがこぼれない

 1つの鉛筆削りに2枚の刃が内蔵されているため、倍速で鉛筆を削れる。新しい鉛筆なら、たったの8回転で芯をとがらせることが可能。資格試験など一秒でも早く鉛筆を削りたい場面で活躍する。外出先でも鉛筆を使いたい人にも向く。

■外出中でも即座にペンを取り出せる

ハム ペンタグ カラー(ハイタイド/実勢価格2160円・税込み)

赤、黄、青などカラフルな色と、黒、茶などシックな色があり、バッグに合わせて選べる

 バッグの持ち手に荷物のタグのように巻き付けて、ペンを1本収納することができるケース。バッグを開けなくてもペンを取り出すことができ、アイデアを思い付いたときにペンを探す時間を短縮。革職人が1点ずつ手作りしている。

(日経トレンディ編集部)

[日経トレンディ2017年3月号の記事を再構成]

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL