株式・投信

桐谷さんの株主優待入門

健康食品やスポーツ用品も 「体が喜ぶ」優待

日経マネー

2017/3/1

PIXTA
日経マネー

 優待ライフを楽しむのも体が“資本”。健康の維持・増進をサポートする食品・飲料や、運動をするのに役立つお薦め優待を桐谷さんに教えてもらいました。

 暖かくなったり寒くなったり、体調管理が大変な季節。皆さんは風邪など引いていませんでしょうか。私は優待券の利用でどうしても外食が多くなるので、健康の維持にもそれなりに気を使っています。自転車での移動もその一環。体調が優れないと、優待ライフも満喫できませんからね!

桐谷広人(きりたに・ひろと) 67歳。プロ棋士(七段)。1984年の失恋を機に株式投資を始める。現在400以上の優待銘柄を持ち、その優待品で日々の生活をほぼ賄っている。癒やされる人柄も人気の理由

 もちろん、健康づくりにも株主優待はとっても役立ちます。健康食品やスポーツジム、運動用品などの優待が色々あって、楽しみながら活用できます。

 ファンケル(東1・4921)は優待カタログから様々な健康食品が選べて、誰にでも薦めやすい銘柄の一つです。サプリメントや発芽米、苦手じゃなければ青汁なんかもいいですね。

 カタログの掲載商品が多いのは、AFC‐HDアムスライフサイエンス(JQ・2927)。優待は100株だと30%割引券だけなんですが、500株だと1万円相当の優待券ももらえて、サプリメントや雑穀、青汁、希少糖などの購入に使えます。私がよく買っているのは、野菜・果実ジュースのギフトセット。20本入りで5000円強(税込み、以下同じ)とちょっと高めですが、その分、健康に良さそうな気がするでしょう?

 何だか効きそう、ということでいえば、SBIホールディングス(東1・8473)の優待でもらえるサプリメントもあります。100株で9800円相当と1944円相当のアミノ酸サプリ(子会社のSBIアラプロモの商品)が各1個受け取れます。9800円相当の「アラプラスゴールド」は、以前は1000株以上の株主向けの優待品だったのですが、2017年3月末からは100株でももらえるようになりました。これだけ値が張れば、きっと効くだろうと思って飲んでいます。

 また、エフ・ジェー・ネクスト(東1・8935)や宝印刷(東1・7921)のようなギフトカタログ形式の優待では、健康飲料が選べるものも多いです。飲料が欲しいと思ったら飲料メーカーの優待に目が行きがちですが、カタログ優待で利回りが高い銘柄を探した方がいいでしょう。缶飲料は日持ちがするので重宝しています。

注:2017年2月3日時点。同内容の優待が年2回ある場合、1回分の内容を表記

■玄関にはシューズが何足も

 運動をするなら、スポーツジムの優待。利回り面で良さそうなのはルネサンス(東1・2378)です。会員じゃなくても施設を1回利用できる優待券をもらえます。似た使い方ができる施設利用券が、プレゼント用として会員向けに3枚4665円で売られているので、優待券が1枚1555円相当と考えると、優待+配当の総合利回りは約6%となかなかです。運動する際には、ウエアやタオルなども無料で借りられて便利ですよ。

 運動用品を購入できる優待も結構あります。私は、ヒマラヤ(東1・7514)やアルペン(東1・3028)のお店で優待券を使ってウオーキングシューズやシャツ、ゴルフズボン、水着などをよく買っています。ウオーキングシューズを履いて、優待を受けようとあっちこっち飛び回っているのが、きっといい運動になっていると思います。玄関には、新品のシューズがまだ何足もストックしてあるんですよ。水着や防寒肌着などの季節ものは、シーズンオフだとワゴンセールなどでとても安く買えるので狙い目です。

 意外なところでは、進学塾を手掛ける進学会(東1・9760)。札幌市内に3店舗ある系列スポーツクラブ内の売店で、非会員でも優待券で買い物ができます。

 あ、あと忘れちゃいけないのがあさひ(東1・3333)。やはり、私に自転車は欠かせませんから。

◇      ◇      ◇

【今回の桐谷戦略】 買うタイミングはこう計る

 優待新設が発表され、利回りが良かったら翌営業日に早速買うことも結構あるのですが、その際には寄り付いた後に少し下がったところを狙っています。寄り付きがその日の高値というケースはよくあるんですよ。

 買う基準は、これまでお話ししてきたように優待+配当の総合利回りが4%以上です。例えば、ヒマラヤは500株だと3000円分の値引券が年2回もらえるので、この基準に沿って株価が800円まで下がったところで400株買い足しました。額面が大きい方が、使いでがありますからね。

 高値からどれほど下がってきたのか、過去の安値はどれくらいだったのかを確認するのに、長期のチャートもよく見ます。SBI証券のサイトは30年チャートを表示できるのがいいですね。バブルの頃はいくらだったのか、なんていうのも分かります。

■3月の権利確定銘柄

 では最後に、株主優待ブログ「毎日優待三昧」が人気の個人投資家rika氏が厳選した「2017年3月に入手できるお得銘柄」を紹介しよう。2017年3月中に割当基準日を迎える銘柄だ(なお、2017年3月末が割当基準日の場合、優待を得るための最終売買日は、3月28日になる)。銘柄選択の際の参考にしてほしい。

注:データは2017年2月3日の終値、年2回同内容の優待がある場合、1回分の内容を表示。「利回り」の――は算出不能。

(日経マネー 小谷真幸)

[日経マネー2017年4月号の記事を再構成]

日経マネー 2017年 04 月号 [雑誌]

著者 :日経マネー編集部
出版 : 日経BPマーケティング
価格 : 730円 (税込み)


株式・投信