ライフコラム

立川談笑、らくご「虎の穴」

「初めてのお取り寄せ」に四苦八苦 立川笑二

2017/2/19

PIXTA

 師匠と兄弟子の吉笑兄さんとともにリレー形式で連載させていただいているまくら投げ企画。17周目。今回の師匠からのお題は「お取り寄せ」。

 本来ですと、私の担当回は先週日曜日に更新されるはずでしたが、締め切りに間に合わせて書くことができずに1週間遅れでの更新となりました。楽しみにされていた方々には大変に申し訳なく思っております。17投目! えいっ!

 そもそも「お取り寄せ」という行為をしたことがなかった私は、今回のお題を受けて初めてお取り寄せを行ってみようと思いたった。

 しかし、いきなり有名スイーツと呼ばれるものや高級名物というものをお取り寄せするのは、「お取り寄せ初心者」の私にとってかなりハードルが高いため、とりあえず近所のピザ店からピザをお取り寄せしてみることにした。

高座に上がる立川笑二さん(東京都武蔵野市) 

 まず、ピザをお取り寄せをするにあたって、一度、自宅から徒歩3分で行けるピザ店へ行きデリバリー用のメニューが書いてあるチラシをもらってきた。

 それを家に持ち帰り、お取り寄せしたいピザを決めた私は初のお取り寄せに胸を高鳴らせながら、ピザ店へ電話をかけようとしたとき、そのチラシに書かれているある文言が目に入ってきた。

 「お持ち帰り限定! 1枚買うともう1枚が無料!」

 なんと!お取り寄せではなく、直接お店へ行きお持ち帰りすると、ピザを2枚注文した場合、料金の安いほうが無料になるそうではないか!

 本来の目的が「お取り寄せ」だったということを私が思い出したのは、お腹がいっぱいになりながらも無料になった2枚目のピザを無理して食べているときだった。

 そんなこんなで自己嫌悪している間に、前回の締め切り日が過ぎていってしまった。

 ちなみに、最近の私はここの原稿だけでなく、日常のあらゆることにあらゆる理由で煮詰まっている時期だ。

 部屋の汚れは心の汚れとはよく言ったもので、気持ちが沈んでいるときの私の部屋はわかりやすく汚くなる。

 とうとう足の踏み場もなくなった部屋を眺めながら私はひらめいた。

 そうだ! ハウスクリーナーさんをお取り寄せしてみよう!

 記事の書き様によってはハウスクリーナーさんもお取り寄せと表現できなくはないだろうし、何より今の私に一番必要なものだ。

 部屋がきれいになってしまえば、またテンションも上がってくるだろう。

 ことの成り行き次第では、ハウスクリーナーさんと契約結婚できる可能性もゼロではない!

 『逃げるは恥だが役に立つ』が役に立った!

 急いで都内のハウスクリーニング店に問い合わせてみた。

 まず、部屋の間取りを伝え、部屋だけでなく風呂からトイレまですべてを掃除してもらいたいということから、すべてがかなりひどい状態であるということまで事細かに、逃げずに恥ずかしながら現状を説明し、おおよその見積もりを出してもらうと、先方から伝えられた費用は最低でも8万円から。

 うわーお! 家賃が払える! 自分でやろう!

 結局、これもあきらめた。

 ただ、自分の部屋をきれいにすることに8万円以上の価値があるということを知った私は大掃除を開始し、見事にきれいな部屋とまともな精神状態を取り戻せた。

 この勢いなら本寸法(ほんすんぽう)のお取り寄せだってできるだろうと、都内に店舗を構えている超人気店のチョコレートをお取り寄せしてみた。

 今年の1月にあった彼女の誕生日も完全に忘れていたので、ホワイトデーに超高級チョコレートを渡してお詫びしようじゃないかと思い予約した。

 今回の記事を書くにあたり、お取り寄せについてわかったことは、超人気店のチョコレートは注文してから3か月後に届くということ! 楽しみだなー! あはははははは!

(次回2月26日は立川吉笑さんの予定です)

立川笑二さん

立川笑二(たてかわしょうじ)。1990年11月26日生まれ。沖縄県読谷村出身。2011年6月に立川談笑に入門。前座時代から観客を爆笑させ評判に。14年6月、二つ目に昇進。出囃子は「てぃんさぐぬ花」。立川談笑一門会(1月26日、2月13日)のほかにも、立川吉笑、立川笑坊ら一門、立川流の若手といっしょに頻繁に落語会を開いて研さんを積んでいる。

ライフコラム