マネー研究所

  • クリップ

不動産リポート

住宅購入前に 「不測の事態」防ぐ試算のススメ 不動産コンサルタント 長嶋修

 

2017/2/15

PIXTA

 住宅を購入した後で転勤やリストラ、病気など、いわゆる「不測の事態」が起きたとき、住宅を処分する方法は2つしかない。「売る」か「貸す」かだ。そのときに、あなたの家計がどのようなことになるか、想定はできているだろうか? ぜひ、住宅を購入する前にやっておいたほうがいい試算がある。

■資産価格より見通しやすい賃料

 最低限、住宅ローンの残債に売却費用を足した価格以上で売れれば資金の持ち出しはないし、毎月の住宅ローン返済額に管理費を足した賃料で貸せれば、キャッシュフローはマイナスにはならない。

 とはいえ、将来の資産価格を想定するのはプロでも困難。たとえ予測したところで、期間が長くなるほど見通しは難しくなる。

 そこで今回は、資産価格に比べて変動が少ない賃料をとりあげる。賃料は景気変動などに左右されにくいといった硬直性があり、資産価格に比べれば想定は比較的容易だ。住宅を人に貸した賃料収入で、住宅ローンや各種費用をまかなうといったリスクヘッジができるラインを考えてみよう。そのためには、以下の簡単な計算式に数字を当てはめていけばよい。

(1)賃料を想定

 インターネットや住宅情報誌などから、「同じ(近い)駅」「同様の築年数・間取り・広さ」の賃貸情報を多く収集する。誤差が小さくなるよう、サンプルはできるだけ多めがよい。同じ駅になければ周辺駅の類似物件を探そう。

 このとき平方メートル当たりの賃料を出しておけば、微妙に広さが異なる物件同士も比較しやすい。また、将来売りに出す想定なのだから、自分の住宅について築年数は5年、10年など上乗せしておく。

(2)不動産業者にヒアリング

 複数の不動産業者に、自分が購入しようとしている物件と同等条件ならいくらくらいで貸せるのか、賃料を尋ねてみる。利用駅で最も繁盛していそうな地元不動産業者、大手など複数にあたるとよい。

(3)収入予想を計算

・賃貸情報から想定した賃料 …… A
・不動産業者から想定した賃料 …… B
・(A+B)×0.475 …… C

 上記の計算式は2つの数字(AとB)から平均を出し、5%割り引くということを意味する。物件情報に掲載される賃料はあくまでも貸主側の提示額であり、よほどの人気物件でない限り、そのままの額で貸し出されることは少ない。

 5%と仮定している掛け目は地域や物件によってまちまち。国立社会保障・人口問題研究所のデータなどを参照にしながら、将来、人口減が進みそうなところ、維持される可能性が高いところではこの掛け目を調節したい。

  • クリップ

マネー研究所新着記事