マネー研究所

身近なマネー研究

生涯で6000万円もの差がつく 実は高い結婚のコスパ 人生まるごとシミュレーション(1)

2017/2/16

PIXTA

 長い人生、気になるお金。できることなら、将来のマネープランを見通せないものか――。マネー研究所は、金融機関向けのソフトウエア開発などを手掛けるAFGの協力の下、生涯にかかるお金のあれこれを、実在する企業の給与や退職金、年代別の生活費、家賃、年金などの各種データを用いて試算。誰もが気になる「人生にまつわるお金」を、リアルなデータに基づいて明らかにする。1回目のテーマは結婚。生涯独身の場合と結婚した場合の、人生の「収支」を見ていこう。

◇      ◇

 都内に住む中堅サラリーマンの翔太(28)と美咲(26)。交際を始めて3年ほどが過ぎ、周囲ではチラホラと結婚する友人も出てきました。そろそろ結婚してもいいかな? と思う美咲に対して、翔太はまだ独身を満喫したい様子。「だって結婚ってコストパフォーマンス(コスパ)悪くない?」と話す翔太に美咲は――。

美咲 先週、友達の明日香の結婚式に呼ばれて行ってきたの。

翔太 へえ、明日香さん結婚したんだ。

美咲 きれいだったな~(うっとり)。

翔太 まだ26歳だったっけ、イマドキにしては早くない?

美咲 そうかな? 社会に出て付き合って3年、そんなもんじゃない?

イラスト:PIXTA

翔太 うーん、そうかなあ。まあ、人それぞれだしね。

美咲 ねえ翔太、私たちも付き合って3年、そろそろ結婚してもいいかと思うんだけど……。

翔太 えっ、僕はしばらく独身がいいな~。時間もお金も自由に使えるし!

美咲 でも結婚すれば、収入は2人分だから使えるお金も増えるし、家賃も別々に住むより下がるし。いいことずくめじゃない?

翔太 うっ……。でもさ、結婚っておトクなのかなあ?

美咲 え?

翔太 最近、ネットとかで「結婚ってコスパ悪い」っていうのをよく見るし、結婚式にもお金もかかるし……。実は、生涯独身の方がいいのかもなんて思ったりしたりとかしないとか……。

美咲 ふーん、そう。結婚のコスパがどんなものか分かればいいのね?(にっこり)

翔太 美咲、笑顔が怖いよ……。

美咲 私の先輩に、個人向けのライフシミュレーターを開発している人がいるの。彼女に結婚のコスパをシミュレーションしてもらってくるね。じゃ!

翔太 あっ、美咲! ちょっと!

◇      ◇

イラスト:PIXTA

美咲 佳奈先輩、今日は暇だって言うから来てもらったわ。

佳奈 初めまして、佳奈です。さっそくだけど、美咲さんに教えてもらったデータを基に、お2人の人生をシミュレートしてみたわ。

翔太 仕事、早っ!

佳奈 翔太さんの税込み年収は590万円(月収43万円、ボーナス73万円)、支出は月に32万円ほど。独身男性としても、ちょっと多めね。

翔太 好きなバンドのライブを聴きに遠くまで行ったりするんで、どうしてもお金がかかっちゃうんですよ。付き合いで飲みに行ったりする機会も多いし。

マネー研究所新着記事