旅行・レジャー

ナショジオニュース

150年前のマネキンに本物の人骨 CTスキャンで判明

 
日経ナショナル ジオグラフィック社

2017/2/11

ナショナルジオグラフィック日本版

カーネギー自然史博物館の展示ケースに入ったジオラマを眺めるレベッカ・シュレッケンガストさんと娘のハンナさん(4歳)。(NATE SMALLWOOD/TRIBUNE-REVIEW)

 何世代も前から、この博物館にやってくる人々は、ライオンの襲撃を再現した150年前のジオラマを、うっとりと眺めてきた――そこに本物の人骨が使われているとも知らずに……。

 米ペンシルベニア州にあるカーネギー自然史博物館が、ターバンを巻いた人物を乗せたヒトコブラクダと、それに襲いかかるライオンの姿を再現したジオラマの修復を行った。その際、CTスキャンにより、人物の頭部には本物の人間の頭蓋骨が使われていることが判明。頭蓋骨には本物の歯まで揃っているという。「ヒトコブラクダを襲うライオン」と題されたこのジオラマに人骨が使われていることは、博物館の職員も把握していなかった。

 修復を終えたジオラマは1月28日に展示室に戻されたが、なぜ本物の頭蓋骨が使われたのか、また今後の対処をどうするかについての議論は続いている。

 フランス人博物学者で、兄と共にヴェロー商会という組織で活動していたエドワール・ヴェローは、1830年にアフリカの部族民を剥製にしたことで悪名を馳せた人物だ。問題のジオラマは、このヴェローが1800年代半ばに製作したものである。この作品は博物館から博物館へと渡り歩いた後、1898年にカーネギー自然史博物館が、ニューヨークのアメリカ自然史博物館から入手した。

ヴェロー兄弟が製作したマネキンの顔の部分。剥製を使って構成されたジオラマの一部であり、歯を含めて本物の頭蓋骨が使われている。(NATE SMALLWOOD/TRIBUNE-REVIEW)

 修復作業の最中、剥製の動物に使われている骨の多くはまだ劣化しておらず、またマネキンは大部分が合成材料で作られていることが判明した――ただしその一部だけは例外だったわけだ。

 頭蓋骨が見つかった後、博物館では今後の方針についての話し合いが持たれた。頭蓋骨を元の埋葬地に戻すことは難しい。この骨の入手についての記録は残っていないからだ。ヴェロー兄弟は、売り値を釣り上げるために入手に関する情報を偽ることもあったという。

 同博物館の科学・研究学芸員補であるエリン・ピーターズ氏は、頭蓋骨のDNA検査を行っても、今後の方針についてはっきりとした結論は出ないだろうと語る。

 「現在我々の手元にある情報を基に、(人骨を)本国へ返すことはできません」。ペンシルベニア州のメディア「トリビューン・レビュー」のインタビューで、ピーターズ氏はそう述べている。「それでも調査は続けたいと考えています。フランスの古い保管記録からは、このジオラマの来歴に関する新しい情報が数多く見つかっています。そこを中心に調べるつもりです」

ライオンのクローズアップ。襲撃の様子を細かく伝えている。(NATE SMALLWOOD/TRIBUNE-REVIEW)

 ヴェロー兄弟が情報を誇張する傾向にあったこと考えると、ジオラマのほかの部分についても懸念が生じる。研究者はすでに剥製からDNAサンプルを採取していて、それが本物のライオンであることを確認したいとしている。

(文 Delaney Chambers、訳 北村京子、日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック ニュース 2017年2月1日付]

旅行・レジャー