保険

生保損保業界ウオッチ

「健康な非喫煙者」は割安に 遺族の生活を支える保険

日経マネー

2017/2/16

PIXTA
日経マネー

 契約はしたものの、細かな内容はよく知らない――。生命保険や損害保険の契約者の中には、こんな人も少なくないだろう。だが、保険は契約条項ひとつで受けられる補償が大きく変わる上、新たなサービスも続々と登場している。本コラムでは、生命保険と損害保険を交互に取り上げ、保険選びの上で知っておきたい知識を解説する。

 被保険者が死亡した後、遺族が年金形式で保険金を受け取れる「収入保障保険」。子供を持つ現役世代に利用者が増えている。毎月の保険金が被保険者の給料の代わりになり、遺族の経済面を支える。最近では、喫煙をしない、血圧が正常範囲などの所定要件を満たすと割安になる商品もあり注目だ。

 下表にあるのが代表的な3商品。保険料区分の設定は「収入保障保険プレミアム」が最もシンプルで、血圧要件を満たし、かつ喫煙しない人が非喫煙優良体に、その他が標準体になる。「ネオdeしゅうほ」はBMIと血圧、GOT値で判断し、年齢により基準値が変わる。要件を満たせば健康体となり、さらに非喫煙と喫煙に分かれる。

 「家族のお守り」は、BMIと血圧の要件に喫煙状況を加味した4区分を設けている。非喫煙者標準体という枠があり、他商品では保険料が高い標準体となるケースでも、この「お守り」なら割安に加入できる可能性がある。

 各商品とも、年金形式に限らず一時金でも保険金が受け取れ、年金と一時金との組み合わせも可能。ただし、「プレミアム」と「しゅうほ」は原資があれば何度でも一時金を受け取れるのに対し、「お守り」は1度きりだ。

 「プレミアム」と「お守り」は、標準体での契約なら告知のみで入れる(所定の保険金額以下の場合)が、「しゅうほ」は全ての人で健康診断書の提出が必要。また、「しゅうほ」には高度障害保障とリビングニーズ(表下の注記参照)の特約が付かない、という違いがある。

 加入を検討する際は、自分の健康状態に応じた保険料を比較した上で、保障内容や使い勝手も考慮して絞り込むといい。ただし標準体の場合、こうしたリスク細分型ではなく、保険料一律の商品を利用した方が安くなる可能性がある。

内藤眞弓(ないとう・まゆみ)
 生活設計塾クルー。13年間の大手生命保険会社勤務の後、FPとして独立。生活設計塾クルー取締役を務める。『医療保険はすぐやめなさい』(ダイヤモンド社)など著書多数。一般社団法人FP&コミュニティ・カフェ代表。

[日経マネー2017年3月号の記事を再構成]

日経マネー2017年3月号

著者 : 日経マネー編集部
出版 : 日経BP社
価格 :730円 (税込み)


保険