MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

Macに3つの秀逸機能 iOS連係で便利になった

日経トレンディネット

2017/1/11

日経トレンディネット

 「iPhoneやMacにはもう進化の余地があまりないのでは?」と言われる昨今だが、2016年もアップルから発表された多くの製品に新機能が搭載された。

 そこで2016年にリリースされたアップル製品や新OSのなかから、今後も普遍的に使われるだろう便利機能を3つピックアップして解説しよう。

■【1】iPhone・iPad・Macで使える「ユニバーサルクリップボード」

 コピー・アンド・ペースト、いわゆる「コピペ」は、今やパソコン・スマートフォン(スマホ)を問わず当たり前に使われる、なくてはならない機能だ。2016年のiPhone・iPad・Macに搭載された「ユニバーサルクリップボード」では、端末を超えてコピペできるようになった。

 ユニバーサルクリップボードはテキスト、画像、動画など、通常のコピペが対応しているほとんどのものが対象になる。iPhoneのアプリ内のテキストや画像を、MacやiPadで使いたいと思ったときは、これまでは「メモ」アプリなどを経由してやりとりしなければならなかった。しかしこの「ユニバーサルクリップボード」を使用することで、例えばiPhoneでコピーしたものをMacやiPadでペーストするだけで済むようになり、圧倒的に楽になった。

 コピペする端末同士は、同じApple IDでiCloudにサインインしていて、BluetoothとWi-Fiをオンにしておく必要がある。コピーしてからペーストまでの時間は2分以内という制限があるものの、今までと同じ操作でできるのだからすごい。筆者の中ではすでに当たり前の機能になっている。

 例えば、Macで文章を書いているときに、iPhoneで表示したウェブページのスクリーンショットを撮りたいことがある。その際、Mac上の文章のURLをコピーし、iPhoneのSafariでペーストすれば、簡単にそのウェブページを開ける。

 また、アプリのプロダクトIDやシリアルナンバー、ログインパスワードといった重要な情報を管理するパスワード管理アプリを使っている際にも便利なことがある。iPhone版、Mac版の両方を持っていなくても、一方からもう一方へコピペで安全に入力できる。その他にも、さまざまなところで利用できるはずだ。

 なお、iCloudへのサインインは端末の認証に使用するだけで、データはクラウドを経由せず、端末同士で直接通信する。安全な上に、端末それぞれがネットワークに接続していなくてもよい。

iPhoneのアプリで管理しているパスワードをコピー
Macでペーストした(ここでは「メモ」アプリ)

■【2】MacのロックをApple Watchで自動解除

 2つ目は「Apple WatchでMacのロックを解除できるようにする」という機能だ。Apple Watchを腕につけていると、Macのロック画面でパスワードを入力しなくても解除してくれる。パスワードを入れるのは起動直後の1回だけで、ログアウトしない限りはパスワードの入力操作は不要になる。

 これならば、Macにかなり複雑なパスワードを設定しておいても不便なことはない。また、Macから2メートルほど離れるとロックは解除できなくなる。

 一方、Macのロックを解除するApple Watchは、腕につけてありそれ自身のロックが解除されている必要がある。Apple WatchのロックはiPhoneのTouch IDで解除できるようにしておけば、さらに便利だ。

 Macはモデルによって対応の可否が異なるが、基本的に2013年以降の機種で最新の「macOS Sierra」がインストールされていれば使用できる。一方Apple Watchは第1世代でもこの機能に対応している。Apple Watchを持っているなら、使わない手はない機能だ。

Apple Watchを腕につけてMacBookの液晶を開いたところ。「Apple Watchでロックを解除中」と表示され、パスワードなしでロックが解除される
Apple Watchには解除した旨のメッセージが表示される

■【3】SiriがMacにも対応

 iPhoneやiPadでおなじみの音声アシスタント「Siri」が、Macにも対応した。呼びかけることでSiriを起動させる「Hey Siri」機能はないのだが、メニューバー右端のSiriアイコンをクリックするか、あらかじめ設定したキーボードショートカット(option+スペースキーを押し続けるなど)で呼び出せる。パソコンでの使い勝手としては悪くない。

 操作の仕方や話しかけ方のコツはこれまでのSiriと同じだが、他のアプリを使いながら、画面の片隅で実行できるところが面白い。例えば、ワープロで文章を作りながら、知りたいことをSiriに検索してもらえるので作業が中断しない。本当に「アシスタント」がそばにいるような使い心地だ。またSiriが応えた結果に対して、さらに継続した指示もできる。

 iPhoneやiPadでは、Siriに面白い回答をしてもらうといったネタ的な使い方が多かったが、Macに対応してようやく実用的になったと個人的には思う。

別のアプリで作業しつつ、Siriで確認したスケジュールを別の日に変更しているところ。「カレンダー」アプリをいちいち起動しなくても済むのが便利
「~で撮った写真見せて」というような漠然とした要求も「写真」アプリを起動して検索した結果を表示

(ライター 伊藤朝輝)

[日経トレンディネット 2016年12月20日付の記事を再構成]

MONO TRENDY新着記事