ヘルスUP

病気・医療

抜けた歯が難病救う アルツハイマーに朗報か

2016/8/10

 抜けた歯を活用した再生治療で、アルツハイマー病やパーキンソン病などの難病を治療できる可能性が広がっている。株式会社セルテクノロジー(旧社名、再生医療推進機構、東京・中央、大友宏一社長)は、乳歯や親知らずなど抜けた歯から取り出す歯髄細胞を培養し、投与することで、これまで治療が難しかった病気にも完治の道を開きつつある。すでに国民の70%相当が活用できる細胞をストックしており、実際の治療でも効果を上げ始めた。新しい再生治療として注目されそうだ。

 歯髄細胞とは、歯の神経である歯髄から取り出す幹細胞のこと。セルテクノロジーは全国1500の歯科医院と提携し、乳歯や親知らずなど抜いた歯を冷蔵保存し、送ってもらっている。ここから取り出す歯髄を培養し、点滴や注射などで直接注入することで、難病の治療にあてる。

 子供のころ、強い歯が生えるおまじないとして、抜けた乳歯を屋根や縁の下に向かって投げた経験のある人もいるだろう。成人してからも親知らずを抜歯したり、矯正治療で歯を抜いたり、人生で抜歯の機会は何度かある。歯髄は骨髄に比べて採取しやすいうえ、細胞の増殖能力が高い。歯にガンがないことでもわかるように、歯髄細胞の遺伝子は損傷しにくく、安全で高品質の幹細胞を確保できる。

 歯髄細胞は培養され、凍結保存される。適合試験で問題がなければ、治療に使える。細胞のストックは2012年から開始し、このほど国民の70%が適合し、治療に使えるだけの細胞をそろえることができた。2018年までには国民の90%が適合するだけのストックがそろう見通しだ。

 親知らずは人間の体のパーツの中で最も遅くできるため細胞が若く、良質の歯髄細胞が採れる。矯正治療などで抜いた歯でも、30歳以下の場合は細胞が若いので使えることが多い。ただ虫歯で神経が傷んだ歯は使えない。一番いいのは乳歯だ。抜けた乳歯を集めるため、同社は初め、都内の小学校に保存容器を設置し、収集しようとしたが、うまくいかなかった。そこで都内の病院と提携し、職員の子息などの乳歯を集めるようにした。「医療従事者は抜けた歯の重要性をよく理解してくれるので、乳歯が効率よく集まるようになった」(大友社長)。

 歯髄細胞を活用した再生治療は、患者数300万人と言われるアルツハイマー病だけでなく、スポーツ事故や交通事故で毎年5000人患者が増える脊髄損傷(患者数10万人)、脳梗塞(同130万人)なども対象になる。アルツハイマー病などは神経変異疾患と言われ、損傷した神経に培養した歯髄細胞を注入することで、新しく神経を作り直す効果がある。これまでの治療は進行を止めるのが中心で、完治は難しかった。

 脊髄損傷など、一部では実際の治療も始まっており、10年間寝たきりだった脊髄損傷患者が歩行訓練をするほどまで改善した例もある。このほど第一三共と治療薬の実用化に向けて提携に踏み切った。細胞を活用した再生治療には骨髄バンク、臍帯血バンクがある。血液のガンなどの治療に有効だが、骨髄は採取時の体への負担が大きく、臍帯血は出産時しか採取できない。歯髄は負担が小さいうえ、何度も採取のチャンスがある。歯髄も骨髄と同様、組織の型が一致しないと使えないが、国民の70%がカバーできるだけのストックができたことで今後、実際の治療に活用できる道が開けてきた。

(編集委員 鈴木亮)

ヘルスUP新着記事