出世ナビ

私の履歴書復刻版

私の履歴書復刻版 「ピーター・ドラッカー」一覧

2016/6/5

 「マネジメントの発明者」ともいわれる経営学者、ピーター・F・ドラッカー氏が2005年2月に日本経済新聞に連載した「私の履歴書」を再掲しました。全27回のリストをこちらにまとめてあります。まとめ読みをするときなどにご活用ください。

第1回 基本は文筆家――「マネジメント」を発明 95歳、なお講義続ける

第2回 帝国首都生まれ――4歳の夏、第1次大戦 父、皇帝に直訴もむなしく

第3回 政府高官――父、大戦中に東奔西走 シュンペーター見いだす

第4回 顔広い両親――フロイトと同席、握手 政治家や女優も我が家に

第5回 最高の教師――9歳で学ぶ喜び知る 小学校、1年飛び級で卒業

第6回 ギムナジウム――ラテン語にうんざり 赤旗デモ、誘われて先頭に

第7回 独ハンブルクに――退屈なウィーン脱出 本物の「大学教育」図書館で

第8回 大恐慌――銀行倒産で記者の道 厳格な編集長、偉大な教師

第9回 記者兼教授――ヒトラーに直接取材 国際法ゼミで代役務める

第10回 ドイツに別れ――ナチス支配を許せず 「ユダヤ人は即解雇」に激怒

第11回 妻ドリス――ロンドン、最高の再会 父の「お使い先」が仕事場に

第12回 シティーに3年――銀行家、出会い楽しむ 週末、ケインズの講義出席

第13回 米国へ――“大戦前夜”の新婚旅行 新生活はNYでスタート

第14回 新聞に売り込み――形式張らず米国流に ワシントン・ポストと契約

第15回 処女作――独ソの結託を見通す チャーチルの評価に驚喜

第16回 経済誌を編集――雑誌王に学んだ60日 IBM創業者とやり合う

第17回 青天の霹靂――「経営の権威」へ第一歩 GM徹底調査 引き受ける

第18回 最高の研究対象――「GMの頭脳」と懇意に 戦時下の工場現場も取材

第19回 特異な経営者――補聴器で会議牛耳る 私情の排除、とにかく徹底

第20回 『会社という概念』――GM側から集中砲火 スローンの冷静さ、救いに

第21回 「分権制」ブーム――フォード・GEが採用 スローンに自著出版促す

第22回 知識労働者――生涯の重要テーマに 「職場改善」はトヨタが実践

第23回 GEでの思い出――経営コンサルを考案 「事業の目的は顧客」断じる

第24回 マネジメント科――NY大の初代学部長 ハーバード移籍 4回断る

第25回 教室はプール――デミングと授業担当 インテル創業者を手助け

第26回 初来日で“中毒”――「経済大国になる」確信 出会った経営者は友人に

最終回 「引退」なし――NPOの支援に傾注 日本企業は強さ忘れるな

出世ナビ新着記事