出世ナビ

  • クリップ

職場の知恵

スマホ子守 大丈夫? 子育て阻害…会話の機会に

 

2014/10/7

 子どもが泣く、ぐずる、騒ぐ。そうした時、思わず渡していませんか、スマートフォン(スマホ)を。小さな子どもにとって、動画やゲームが指で触るだけで出てくるスマホは手軽なおもちゃ箱。子育てを機械に頼ることにためらいはあるものの、多くの親が使ってしまうのが実態のようだ。そんな「スマホ子守」について考えた。

小石川医師会の子育て支援セミナーでは毎回、スマホ子守が話題に(東京・文京)

 東京都文京区の一般社団法人小石川医師会。育児中の親向けに、毎月開く子育て支援セミナーでこのところ、毎回触れる話題がスマホ子守だ。

母親に注意喚起

 9月中旬のセミナーでは「スマホの使いすぎで赤ちゃんに大切なことを奪っていませんか?」と題した記事のコピーが配られた。授乳中に母親がスマホをいじったり、ぐずる子どもに安易に動画を見せたり、といった行為を戒める内容で、集まった30人ほどの母親たちに注意を促した。

 セミナー参加者で、2歳の男の子がいる水野佳代さん(38)はスマホで動画は見せないし、ゲームや、音楽に合わせてリズムをとったりといった幼児用知育アプリも入れていない。「動画は2歳でも一度見せるとやり方を覚えちゃうので。夫にも、子どもの前で動画を見るのはやめてと言っています」。電車の中で騒いだ時には、外の風景を見るようにし、だめならスマホ内の写真を見せて会話をするように気を使っている。

 セミナーを受け持つ内海裕美医師が常任理事を務める日本小児科医会は昨年12月、スマホ子守に警鐘を鳴らした。「スマホに子守りをさせないで!」と題したポスターを作成、「ムズがる赤ちゃんに子育てアプリの画面で応えることは育ちをゆがめる可能性がある」など6項目の注意点をまとめ、全国の病院に配った。

 絵本も置いてあるのに病院の待合室で子どもにスマホを見せている親、幼稚園の園庭開放で子どもを勝手に遊ばせてスマホに夢中の親、鬼から電話がかかってきたように装って子どもを黙らせるアプリの人気ぶり……。親と子が向き合うべき子育てを「スマホが邪魔している」(内海さん)と肌で感じた小児科医たちが発した警告は、話題を呼んだ。

 ただ、さはさりながら、悩みつつスマホを使わせている親もたくさんいるのが実情だろう。愛知県の主婦、高尾絵美さん(39)が6歳の四男に、文字を書く知育アプリで遊ばせ始めたのは2年ほど前。そのうち、三男用に入れたゲームアプリに興味を持ち、病院やレストラン、車の中などで「スマホちょうだい」とねだるようになった。

  • クリップ

出世ナビ新着記事