エンタメ!

エンタな話題

囲碁の世界普及に一役 人工知能、トップ棋士破り注目

2016/3/30 日本経済新聞 夕刊

 囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」が世界トップ級の棋士を破った波紋が囲碁界に広がっている。落胆の一方で今後の研究に役立つという見方、国際普及の足がかりにとの機運もある。

 囲碁ファンを超えて世界の注目を集めた5局勝負はソウル市内のホテルで韓国のイ・セドル九段と打たれ、アルファ碁が4勝1敗の成績を収めた。人間圧勝という予想を覆して、数年前に開発を始めたばかりのAIが勝ち、日中韓の囲碁界は動揺した。

 女流トップ級の中国のゼイ・ノイ九段は「いつか追い抜かれるとわかっていたが、私たちが何十年も積み重ねた研究は何だったかと思うとさみしい」と吐露する。

■一般の利用は先

 一方でAIが「囲碁の打ち方の可能性を広げた」(ゼイ九段)とも。アルファ碁は無数の対局の棋譜をもとに打つ手の善悪を判断する「ディープラーニング(深層学習)」の手法を利用して強くなった。今回の対局でみせた打ち方は現代の囲碁の常識を破り、プロ棋士が軽視していたポイントの重要性を示した。

 一足先にコンピューターが台頭した将棋界。日本将棋連盟会長の谷川浩司九段は「将棋では10年かけて起こったことが、囲碁では数カ月で起きた」と語る。

 自分の棋譜や流行局面をソフトに分析させるプロ棋士も多くなり、NHK杯戦で準優勝した気鋭の若手の千田翔太五段は「ソフトとの圧倒的な差を感じて以来、人間同士の研究や練習に疑問を持つようになった」という。

 アルファ碁を開発した米グーグルは「“次”はさまざまな可能性があり、ゆっくり考えたい」としており、誰でも利用できるようになるのは先のようだ。しかし「ディープラーニング」を用いる囲碁ソフトの開発は急速に増えている。コンピューター囲碁に詳しい大橋拓文六段は「約2年後にはプロの研究に堪えうるレベルのソフトがほかにも登場するだろう。当然使いたい」と期待する。

■欧米で知名度上昇

 注目を集めた今回の勝負が囲碁の世界普及に役立つと期待する向きもある。韓国棋士で国際囲碁連盟事務局長のイ・ハジン三段は「普及が遅れている欧米で、囲碁の知名度が一気に上がった」と喜ぶ。プロ棋士のいない地域でも、アルファ碁のような強豪ソフトがあると伸び盛りの子供の指導に役立つとみる。

 日本では、文化としての囲碁の役割を再認識するきっかけになりうるという声もある。囲碁ソフトの開発に携わる台湾出身の日本棋士、王銘琬九段は「囲碁を通じたコミュニケーションや観戦など、相手に勝つだけではない楽しみ方が見直される」と指摘する。

◇     ◇

■井山裕太王座に聞く 人間にはない大局観

 今回の5局勝負について、日本囲碁界の第一人者である井山裕太王座に聞いた。

 アルファ碁の強さに衝撃を受けた。イ・セドル九段が選んだ手は悪くないのに、気づけば容易でない形勢だった。大局観、全体を捉える力に感心した。逆にコンピューターが得意なイメージがあった細かい計算や読みで、間違いがあったところは興味深い。

 プロの碁は研究が進み、似たり寄ったりの布石が多い。一方、アルファ碁は人間が気づきにくい手を打って李九段を破った。これまでの常識を変えるかもしれず、「囲碁の広さ」を改めて示してくれた。

 おそらく人間界とは違う世界が、コンピューターには見えているのだろう。純粋に対戦し、体感してみたい気持ちはある。ただAIに敗れたとしても、プロ棋士同士の戦いの面白さはあると思うので、うまく伝える工夫をしていきたい。

(文化部 山川公生)

[日本経済新聞夕刊2016年3月29日付]

エンタメ!新着記事